<目次>  

中学生時代にかかる学費は?公立と私立を比較

子どもが中学生のときには、どのような学費がいくらくらいかかるのでしょう? 文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』のデータを見てみましょう。私立は公立の2.8倍かかっています。
 
中学時代にかかる学費はいくら?

中学時代にかかる学費はいくら?

 

公立中学校の学習費の総額は年約50万円

まずは公立中学校で、1年間に平均してかかるお金の合計と内訳を見てみましょう。
  • 合計:48万8397円↑
  • うち学校教育費:13万8961円↑
  • うち学校給食費:4万2945円↓
  • うち学校外活動費:30万6491円↑
(文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』より)
*前回調査より高くなったものに↑、下がったものに↓、変わらないものに→を付けています(以下同)。

学年別推移で見ると次のようになります。入学年度以上に、3年生のときに学習費がかかるのは、高校受験のための塾代等がかさむためです。
  • 1年生:45万6582円↓
  • 2年生:43万6183円↑
  • 3年生:56万9348円↓

次に、学校教育費と学校外活動費の内訳について見てみましょう。
 

公立中学校の学校教育費の内訳

公立中学校の学校教育費の内訳は次のとおりです(年額)。
  • 授業料……0円→
  • 修学旅行・遠足・見学費……2万6217円↑
  • 学校納付金等……1万6758円↑
  • 図書・学用品・実習材料費等……2万5413円↑
  • 教科外活動費……2万9308円↓
  • 通学関係費……3万7666円↑
  • その他……3599円↑
前回調査に比べて増減はありますが、大きなものではありません。
 

公立中学校の学校外活動費の内訳

公立中学校の学校外活動費(年平均)の内訳は次のとおりです。
  • 家庭内学習費……1万3229円↓
  • 家庭教師費等……2万777円↑
  • 学習塾費……20万2965円↑
  • その他……6618円↑
  • 体験・地域活動……1484円↓
  • 芸術文化活動……1万5865円↓
  • スポーツ・レクリエーション活動……2万9167円↑
  • 教養・その他……1万6386円↑
学校外活動費の中で、学習塾費が突出しているのがわかります。他の金額も含め、前回調査に比べて増減はありますが、大きなものではありません。

続いて私立中学でかかる学費も見てみましょう。
 

私立中学校の学習費の総額は1年で約133万円

首都圏を中心に、「中学から私立」という選択も注目されています。

私立中学校で、1年間に平均してかかるお金の合計と内訳は次のとおりです。
  • 合計:140万6433円
  • うち学校教育費:107万1438円↑
  • うち学校給食費:3731円↓↓
  • うち学校外活動費:33万1264円↑
(文部科学省『平成30年度子供の学習費調査』より)

学年別推移で見ると次のようになります。
  • 1年生:162万4661円↑
  • 2年生:123万122円↑
  • 3年生:136万2389円↑
私立中学校は学習費がかさみ、しかも前回調査より合計では7万円ほどアップして約140万円になっています。これは公立の約50万円と比べると、約2.8倍かかっています。
特に、私立は入学金があるため、入学年度はほかの年よりも学習費がかかります。
 

私立中学校の学校教育費の内訳

私立中学校の学校教育費(年平均)の内訳は次のとおりです。
  • 授業料……42万8574円↑
  • 修学旅行・遠足・見学費……8万2578円↑
  • 学校納付金等……30万5130円↑
  • 図書・学用品・実習材料費等……5万198円↑
  • 教科外活動費……5万5796円↓
  • 通学関係費……14万765円↑
  • その他……8397円↑
公立中学に比べて全般的に高いですが、特に授業料学校納付金通学関係費がかさんでいるのがわかります。前回調査に比べ、目立って増えたのは学校納付金等でした。
 

私立中学校の学校外活動費の内訳

私立中学校の学校外活動費についても、その内訳を見てみましょう。
  • 家庭内学習費……2万8534円↓
  • 家庭教師費等……3万1174円↑
  • 学習塾費……15万3365円↑
  • その他(補助学習費)……7273円↑
  • 体験・地域活動……1万40円↓
  • 芸術文化活動……4万5181円↑
  • スポーツ・レクリエーション活動……2万4358円↓
  • 教養・その他……3万1339円↑
やはり学習塾費がかさんでいるのがわかりますが、実は公立中学に比べ、私立中学の塾代の方が年間で約5万円ほど抑えられています。塾に行かなくて済むように私立中高一貫校に通わせる、というご家庭があるのもうなずけます。一方で、私立に行ってなおかつ塾代がかさむのは過重な負担となります。

とはいえ、トータルでは私立の方がだんぜん学習費はかかります。中学の後には高校、大学と進学が控えていることも頭に入れて、無理のない進路選びをしたいものです。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。