2位:白岳仙 奥越五百万石

白岳仙 奥越五百万石
 

佐々木小次郎が「ツバメ返し」を編み出したといわれる福井県一乗滝。もしや、ご先祖は小次郎とも面識があるのでは?と思えるほど歴史ある蔵「安本酒造」は、当代で46代目だ。
白山の伏流水と、雪国ならではの自然な低温発酵で仕込まれる純米吟醸は、もぎたての果物やミネラルたっぷりの天然水のようなフレッシュ感を楽しませてくれる。
さまざまな酒米の純米吟醸があるが、今回は福井大野産五百万石の純米吟醸をセレクト。非常に柔らかい舌触りと旨味。心地いい適度な酸味が飽きさせない。福井名産越前ガニ、甘エビや貝の刺身、上品な旨味の笹ガレイの塩焼きと。

関連記事:白岳仙が飲める店

<DATA>
1800ml 2,520円
720ml 1,418円
アルコール度 15~16%
日本酒度 +6
奥越五百万石 55%精米

安本酒造有限会社
住所:福井県福井市安原町7-4
電話:0776-41-0011


1位:伯楽星 純米吟醸 生詰

伯楽星 純米吟醸 生詰
 

「究極の食中酒」を目指し、情熱溢れる若き職人たちが丹念に生真面目に造る宮城の酒。天に昇る駿馬を育てた馬の目利き“伯楽”から名づけられた印象的な酒名を聞くだけで、日本酒好きはゴクリと喉を鳴らす。
蔵の目標どおり、料理をおいしくしてくれる、なめらかでひっかかりのないみずみずしい味わいが特徴。中盤からの優しい旨味と後味の軽いコクと香ばしさが感じられ、なんとも後を引く。
繊細な豆腐料理、白身魚の刺身、煮付けとなんでもおいしくしてくれる。小魚の唐揚げにレモンをちょっと絞ったものなどつまみながらだと、もう止まらない。幸せの組み合わせだ。

関連記事:清々しさ満点、この季節にぴったりの伯楽星
関連記事:夏野菜にぴったりの夏の日本酒ベスト5

<DATA>
1800ml 2,940円
720ml  1,575円
アルコール度 16%
日本酒度 +4
蔵の華 55%精米

株式会社新澤醸造店
住所:宮城県大崎市三本木北町63
電話:0229-52-3002





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。