大行列の人気「入賞酒の公開きき酒」

「日本酒造組合中央会」「酒類総合研究所」が主催する日本酒の一大イベント「日本酒フェア2007」が6月7日、池袋サンシャインシティ・ワールドインポートマートにて開催された。





全国の酒造組合が出展し、そこで各県おすすめの銘柄を飲めるのがお楽しみではあるが、なんと言っても大きな目玉は「平成18年酒造年度全国新酒鑑評会 公開きき酒」であろう。

鑑評会の入賞酒500点を一気に味わいえるというのが、この公開きき酒。基本的にはプロの方しか体験できなかった入賞酒のきき酒が、誰でもできるというのだから、そりゃ、日本酒好きなら、なんとしても行かねばならぬ!であろう。ちなみに前売り券は3,000円。当日券が3,500円。私もちゃんと買いましたよ~。


なんとか、金賞受賞酒を数種きき酒したが・・・


1時間前からの行列。期待は高まる。
しか~ししかし、会場に着いてびっくり仰天。すごい行列である。なんでも開場1時間前から長蛇の列だとか・・・。おまけに、会場の中に入っても列が続き、きき酒テーブルに行き着くまでさらに30分かかるという話。も、ものすごい人気!!! やはりみなさん入賞酒のお味には興味があるんですねぇ~。

リポート魂炸裂のワタクシ友田でございますので、並びましたよ、はい、並びました。で、きき酒テーブルに近づくにつれ、行列の理由がわかった。


この小さなかわいいお猪口が配られ、これであれこれきき酒をする。
ずらり並んだ各県の入賞酒、やはり、一つ一つゆっくり味わって確認したいのが人情。一口含んで、ふむふむ、なるほど、くちゅくちゅ、ゴクリ(吐き出す人もあり)・・・なぁんてやっていると、これ、なかなか先に進まないんですねぇ。

リポート魂炸裂のワタクシではあるが、さすがに並び疲れてめまいがしはじめたころ、やっと最初の中国・四国地区のテーブルに案内された(案内係に従わないといけない)。なんとか数種類の金賞酒のきき酒をしたところで、とうとう意識不明に・・・(←うそ)。


日本酒で乾杯!がコンセプト。日本人なら日本酒で乾杯しよう! しかしこの時期ビールも捨てがたいぃ・・・
なさけないことに、数種のきき酒のみで体力の限界を感じ、リポートをあきらめ(←はやっ)、会場を後にしたのであった。

かろうじて、九州・中国・四国地方の金賞酒を数種きき酒した感想としては、「どのお酒も、華やかできれいな吟醸香。つやとなめらかさがあり雑味のない味わい。上品な余韻」です、はい。どのお酒もこれです、はい。たぶんこのあとに並んでいる金賞酒も同じ味わいでしょう。・・・だって入賞酒だもの。金賞酒だもの。似たり寄ったり・・・なんですねぇ、正直なところ。


会場内に入ってもまだまだ列。バッグなどは預けないと入れてもらえません。厳しい。別にボトルなど持って帰らないっつうの。ま、身軽にきき酒出来るのはありがたいですが。




やっと九州・中国・四国テーブルが近づいてきた。ぜいぜい・・・。息が荒い。




テーブルには入賞酒がずらり。これをひとつずつきき酒すると、時間がかかります。





この先に、九州、甲信北陸、近畿、関東、北海道・東北テーブルが続く。遠~いわぁ~~。