細部にこだわりが感じられる新鋭店

外観
周辺には深夜まで賑わう韓国料理店がたくさんある。
赤坂一龍別館と同じく、赤坂に店を構えるソルロンタンの専門店である。

赤坂駅と赤坂見附駅のちょうど中間くらいであろうか。みすぎ通りという、自家製冷麺を出してくれることで有名な「KORYO赤坂店」や「母心郷チョンギワ新館」などがある通りに面している。

外観は、周辺の韓国料理店と大差なく、いたって普通。ただ、オープンしてわずか2年たらずということもあるのだろう。他店に比べて看板が明るく、メニューも外にでているので入りやすい。

パッチャン
丁寧に作られた見た目にも美しいパッチャンたち。
この店のおかず、パンチャンは6品。日によって変わるのだが、どれも見ためが美しいうえに繊細な味わいでおいしい。

おっ、これならソルロンタンも期待できるかも?と思ったら、結果当たり。
スープに旨みがあるのに後口はさっぱり。塩味も控えめ。肉は少々ぱさついていたり、黒こしょうも最初から入っていたりするのだが、そんなのは許容範囲。あまり気にならない。

ご飯の炊き方も、スープの旨みに勝るとも劣らぬほどうまく炊けていて、スープとのバランスもいい。だから、キムチなどを入れなくても充分おいしい。かえって入れないほうが、牛のエキスを堪能できる。

そしてわたしがこの店で何よりも嬉しかったのは・・・

韓国の栄養満点スープ「ソルロンタンとは?」
<ソルロンタン専門店>
■赤坂「一龍別館」
■関内「ソウル麻浦屋」