クマをキレイに消しさる! コンシーラーの簡単な使い方

クマを消し去るコンシーラーの使い方

クマを消して健康美人に!

朝起きると、目の下にクマが!? そんな経験は誰にでもあると思います。クマがあると、なんとなく疲れ気味や老けた印象を与えてしまいがち。

今回は簡単キレイにクマを消しさるコンシーラーテクニックをお伝えします!
   

クマのタイプ別オススメのコンシーラー色

まず最初に、自分のクマタイプを見分けて、キレイにカバーできるコンシーラの色を選びましょう。

■茶クマ
紫外線や物理的な刺激による色素沈着が主な原因です。オススメのコンシーラの色はイエロー系。

■青クマ
毛細血管のうっ血が原因。疲れや冷えなどで滞った血液が目元の薄い皮膚を通して透けて見えている状態です。オススメのコンシーラの色はオレンジ系。
 

クマをカバーするには、柔らかめのコンシーラーがオススメ!

目まわりは皮膚が薄くしわになりやすいので、コンシーラーは柔らかめで伸びが良い、チップタイプがオススメです。
おススメコンシーラです

クマにおすすめの柔らかめテクスチャーのコンシーラー

 

1. 目の周りを優しくマッサージ

優しくクルクルと

優しくクルクルと

目の周りの摩擦を防ぐ為、クリームをつけてからマッサージをはじめましょう。

指を2本使って反時計まわりにくるくると、3
~5回ほど目の周りをやさしくマッサージ。
 

2. こめかみを軽くプッシュ

優しくプッシュ

優しくプッシュ

マッサージの後はこめかみを軽くプッシュし、1と2の動作を数回繰り返しましょう。結構が良くなり、クマが薄くなるのが実感できるはず!
 

3. ファンデーションを塗る

ファンデーションをキレイに塗ろう!

ファンデーションをキレイに塗ろう!

コンシーラーはファンデーションで仕上げた後に使用します。詳しいファンデーションの塗り方は、以下の記事を参考にしてください。
 
 

4. コンシーラーでクマをカバーする

チップタイプなら便利!

チップタイプなら便利!

目の下に広がるクマの部分に、ちょんちょんとコンシーラーをのせます(チップタイプのコンシーラなら便利!)。

その後、目の際に向かって優しくのばし、境目が目立たないようにしっかりとなじませましょう。


■ポイント
上手に仕上げるコツは、コンシーラーの量を沢山つけすぎないこと。
 

5. 目の切れ端部分も、しっかりカバー

わすれないで!

カバーするのをわすれないで!

目尻の切れ込み部分も、コンシーラーでカバーしましょう。

この部位もクマと同じようにくすんでいる場合が多いので、必ずカバーしてください。
 

6. フェイスパウダーをパフでつける

パウダーは少量で

パウダーは少量で

顔全体に、薄くフェイスパウダーをつけ、化粧崩れを防止。ただし、つけ過ぎるとしわっぽくなってしまうので、少量で!
 

7. シャンパンゴールドのパウダーで、頑固なクマを撃退!

ブラシを使用しましょう

ブラシを使用しましょう

もしも、6までの工程をおこなっても、まだうっすらクマが見えるような場合、コンシーラーを重ね塗りしてしまうと、不自然な印象になってしまうのでNG。

そんな時は、最後にブラシでシャンパンゴールドのパウダーを重ねましょう! パールのパウダーの光反射で、クマが目立たなくなりますよ。

 

完成

マッサージとコンシーラーで、キレイにクマが消えました。
before

before

after

after

 
 

新見流・美のルール

プロの美ワザをチェック!!

プロの美ワザをチェック!!

  • クマの種類を見分けて、色のあったコンシーラーを使用しましょう。白すぎるものはNG。
  • コンシーラーは少量で。厚塗りは不自然な印象になるのでNG。
  • クマをカバーするには、柔らかいチップタイプのコンシーラーが便利。
  • 頑固なクマには、メイクの最後にシャンパンゴールドのパウダーを使用してみましょう!
 

使用コスメ

a

前:コンシーラー、後左:フェイスパウダー、後右:フィニッシングパウダー

  • コンシーラー
    ルナソル アンダーアイズベースN OR01ナチュラルオレンジ・YL01ナチュラルイエロー(※廃盤)
  • フェイスパウダー
    RMK フェイスパウダー N 01
  • フィニッシングパウダー
    グランサンボン グランデコルテラグジュアリー 01シルクムーン(※廃盤)
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。