永遠という名のレストラン

うつぼ公園 ウツボ公園。
大阪における「セントラルパーク」とも言える緑溢れる「靱公園」。   春には桜も。
注) 2017年現在、「エテルニテ」は「la forme d’eternite(ラ・フォルム・ド・エテルニテ)」と言う店名となり、奈良に移転されました。当記事は移転前の大阪時代の旧情報となります。

晴れた日の昼下がり、平日にも関わらず、大阪市西区の靭(うつぼ)公園の西園にあるテニスコートでは「スコーン、スコーン」と白球が飛び交い、都会の真ん中で、周りのビジネス街からすっぽりと抜けたような空気が漂います。この公園は東西800メートルもある細長い公園で、公園を取り囲むようにビルやマンションがずらりと立ち並び、さながら「大阪のセントラルパーク」と言ってもよい、都会のオアシスとなっています。

この広大な公園に集う住人や勤め人の味覚を満たすべく、公園に面する建物には、最近続々と実力派レストランが開店しているのです。

今回はその中でも2007年7月7日に開店し、以来確かな味とサービスで、2009年にはミシュラン1つ星に輝いた「エテルニテ」を御紹介。シェフは大阪ミナミエリアの有名店を皮切りに、本場フランスで約2年間5軒のレストランで腕を磨き、そのあと大阪へ戻られて「カランドリエ」で約3年間腕を揮われた後、独立された永野良太さん。関西では数少ない、フレンチでミシュラン☆スターを獲得されたお一人です。


Eternite
「エテルニテ」の外観
テニスコートのある西園の、桜並木の南に面してその入口はあり、ドアを入るとゆったりとしたウェイテングルーム、正面にはぱっと目を引く生花が鮮やかです。


エテルニテ エテルニテ。
ランチでは窓からの木漏れ日と新緑が綺麗なのです。   シンプルで上質感のある店内。
そして、その左側に明るいメインダイニングルームが広がり、天井に届きそうな窓の外には雲ひとつない空と、風にそよぐ公園の緑。公園から降り注ぐ柔らかい自然光が、クリームホワイトの壁に心地よく溶け込んでいます。

ウェルカム・プレート。
テキスト。
ソフトなインテリアの中、アクセントとして印象的なスミレ色のアームチェアに座ると、目の前には鮮やかな「ジアン」のウェルカムプレートのお出迎え! 各テーブルのプレートはほとんどが異なる図柄で、客の目を楽しませてくれるのです。

次ページでは、コース料理を御紹介します