名前の長さや読み方

●名前の読み方
名前に使う漢字の読み方にも、規定がありません。

漢和辞典でたとえば「海」を調べると、「カイ」「うみ」という読み仮名が表示されていますが、これ以外の読み方をするのも可能ということ。

辞書には「人名」という読み方の例が書かれている場合もあり、人名では「あま」「うな」「ひろ」「ひろし」「み」(『例解新漢和辞典』三省堂より)と読ませる場合もあります。

また、上記に限らず、「海」と書いて「マリン」と読ませている方もいます。

つまり、「あて字」(漢字の本来の意味に関係なく、音や訓を借りてあてはめた漢字:『国語辞典』岩波書店より)はもちろん、こう読ませる(漢字自体の音や訓もあてはまらない)という考え方もOKと言うことです。

ただし、漢字からは明らかにイメージしにくい読み方をつける方も少なくないようですから、名前の長さと同様、赤ちゃんのためにもあまりにも読めない読み方にするのは、避けた方がいいと思います。



<関連リンク>
「名前で使いたい漢字の「名付け」エピソード」
「2006年の名付け・赤ちゃんの名前ランキング」
「新人名漢字の「たまひよ」名付けランキング」
「いよいよ新人名漢字、使用OK」
「人気の名前に有名人の影響あり!?」
「先輩ママに聞いた名付けエピソード」
「名付け記事INDEX」
「名付けおすすめリンク集」
「名前の届け出は、生まれた日から14日以内」
「出生・命名・お宮参り」
「姓名判断(運勢、相性、改名など)」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。