赤ちゃんの名前は、生まれた日から14日以内に届け出ましょう。
赤ちゃんの名前は、生まれた日から14日以内に届け出ましょう。

赤ちゃんの名前の届け出について

赤ちゃんの名前は、生まれた日から14日以内(国外で生まれたときは3カ月以内)に届け出ることになっています。

<届け出るところ>
父母の本籍地、または届け出人の所在地、あるいは出生した場所の区市町村です。

<必要書類>
●届け書1通 
●出生証明書(届け書に付いているので医師に記入押印してもらう)
●母子健康手帳
●届け出人の印鑑

<届け出る人>
基本的には父または母が届け出ることになっています。
父母が届け出できない場合は、同居人、出産に立ち会った医師・助産婦の順となります。

赤ちゃんの名前に使える字

赤ちゃんの名前に使える字は何でも良いというわけではありません。届け出できる字が決まっています。

現在赤ちゃんの名前に使えるのは、以下の4種類です。
・常用漢字
・人名用漢字(2004年に使える漢字が増えました)
・ひらがな
・カタカナ

アルファベットや、算用数字は使えません。

<関連リンク>
「新人名漢字の『たまひよ』名付けランキング」
「いよいよ新人名漢字、使用OK」
「先輩ママに聞いた名付けエピソード」
「名付け記事INDEX」
「名付けおすすめリンク集」
「出生・命名・お宮参り・初節句」
「姓名判断(運勢、相性、改名など)」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。