産後におすすめの「わかめスープ」

産後に食べる「わかめスープ」のレシピ

産後に食べる「わかめスープ」のレシピ

韓国のドラマなどで誕生日にケーキではなく、わかめスープを食べているのを見たことはありませんか? 韓国では誕生日にわかめスープを食べるのが昔からの伝統。もちろん今でも受け継がれ、誕生日には「わかめスープ飲んだ?」という挨拶が交わされるほど。

それは、産後にお母さんがわかめスープを飲むことに由来します。産んでくれたお母さんに感謝の気持ちを込めて、誕生日に飲むのです。産後には、栄養をたくさんとるべく、わかめスープを飲むのが韓国流。「産褥期間にわかめを薦める4つのワケ」で紹介したようにわかめには産褥期にぴったりの栄養がたくさん含まれています。

「わかめスープなんてありふれているよね」と思われがちですが、本場韓国のわかめスープは、とても具沢山でやさしい味。産後にも無理なくわかめをたくさん食べることができます。
 

わかめスープレシピの材料

ミネラル豊富だから産褥期にぴったり。簡単レシピでもあります

ミネラル豊富だから産褥期にぴったり。簡単レシピでもあります

・乾燥わかめ 10g(戻した分量で 150g)
・牛すね肉  80g
・水 4カップ
・すりおろしにんにく 小さじ1/2
・薄口醤油 小さじ1
・ごま油 小さじ2
・塩 小さじ1/2程度
 

わかめスープの作り方

煮る時間がかかりますが、簡単にできます

 
最後は塩で味をととのえて出来上がり

 
1.牛肉は一口大に切り、深鍋でにんにくとともに軽く炒めてから水を加え、約30分ほどアクをとりながら煮ます。最初は強火、沸騰したら弱火で。

2.水で戻したわかめを洗って、食べやすく切ります。

3.1の鍋に、わかめを入れてさらに15分ほど弱火でアクをとりながら煮ます。

4.薄口醤油、ごま油、塩を加えて味を調えて出来上がり。

 

わかめスープのポイント

アクはしっかりとりましょう。くたくたに煮ることがポイント

 
・スープの水分をとることで母乳の出もよくなります

・牛肉の味を出すために肉を水からじっくり煮ることと、わかめを入れてからも、わかめがクタクタに煮えるまで煮ること

・アクはしっかりとると美味しく仕上がります

・わかめがとても多いので、わかめスープというよりも、「わかめ煮」に近い仕上がりになるかと思いますが、それが韓国流。見た目より食べやすいですよ。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。