玄米と根菜の雑炊の材料

玄米(炊いたもの) お茶碗1杯分
水      250cc
根菜     合計50g(だいこん、にんじん、かぶなど)
ごま     適量
和風だしの素 小さじ1
しょうゆ   適量

玄米と根菜の雑炊の作り方

根菜
1、根菜をさいの目に切ります(今回はにんじん、大根、れんこん、ごぼう、じゃがいもを使用しています)。ごぼうは火の通りやすいようにささがきにし、お好みでいちょう切りなどにしても問題なしです。
鍋
2、火をかける前に切った根菜を鍋に入れ、水とだしの素を入れます。
コンロ
3、鍋を中火にかけます。
煮る
4、沸騰したら玄米ごはんを入れて、再沸騰後火を弱め10分ほど煮ます。アクが出たら、すくって取り除きます。
葉
5、煮ている間に大根の葉を刻みます。
味付け
6、最後に大根の葉を入れ、しょうゆで味つけをします。
できあがり
7、大根の葉に火が通ったら火を止め、ごまをふって完成!


玄米と根菜の雑炊、調理のコツ・ポイント

  • 玄米は生米から炊くととても時間がかかるので、今回のように炊いたご飯を使用すると短時間で作れます。玄米を常食としていない人は、一度にたくさん炊いて一人分ずつラップして冷凍しておくと便利です
  • 根菜は家にあったものでどうぞ。ちょっと残った野菜の端などを無駄なく使いましょう。ごぼうは冷凍のささがきごぼうを使用すると便利
  • 青みを入れると、彩りがぐっとよくなります。今回は大根を使用したので、大根の葉を使いましたが、かぶを使ったらその葉でも、葉ねぎなどでもOK
  • 味付けはお好みで、味噌味や塩味などにしてもおいしいです。だしをきかせて薄味にすると、野菜や玄米の甘みが楽しめます
  • 昼食の一人分を作るときは、土鍋を使うとそのまま食べることができるので洗い物が少なくてすみます
ぜひお試しください!



<関連記事>
母乳育児の基本と、離乳食とのバランス
授乳とは(チビタス)
政府も提言?母乳育児のすすめ(共働きの出産・子育て)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。