【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「イイ女」と呼ばれるのに……

女性の横顔
「イイ女」だからといって必ずしもモテるわけではないのは不思議ですが実は……。
男友だちから「お前はイイ女なのになぁ」と残念がられたり、女友だちから「大丈夫、あなたはイイ女だから男たちが放っておかないって!」と励まされたりしていませんか?

周りからの評価は「イイ女」。なのになぜかモテない……。そんな女性が増えているようです。「イイ女」の定義は人それぞれ。自分がどのパターンか見極め、モテない理由をチェックしてみましょう。

色気がない男前タイプ

おそらく一番多いのが、「男前」という言葉の同義語として「イイ女」という言葉で褒められている女性。大ジョッキのビールを傾け、下ネタをカラッと笑い飛ばし、何かあれば腕をまくって助けてくれる、どこに行ってもあだ名が「姉御」になってしまう人です。

サバサバとした性格で、男友だちが多いこのタイプの女性は、常に輪の中心にいる太陽のような存在。そのパワフルさゆえか、色気に欠けてしまうところも。

自分のキャラが板に付きすぎて、内面に持っている「かわいくて弱い私」を見せないように振る舞うため、彼女として守りたい対象になかなかなれません。

「キャラに合わないから」と、女性的な部分を隠そうとしないでください。始めのうちは茶化されて恥ずかしい思いをするかもしれませんが、だんだんと肩肘張った雰囲気がなくなり、恋愛対象として近づきやすい人柄になっていくはずです。


次は高嶺の花タイプとカリスマタイプの解説です。