女を捨てると、捨てられる!?

立て膝の女性
立て膝や大股開きなど、親に叱られた行儀の悪さは、彼だって望んでいない姿です。
付き合いが長くなると馴れ合ってしまい、猫かぶりの化けの皮がはがれていってしまいます。たしかに、いつもガチガチに演技をしていたら疲れますし、相手も「いつまでも心を開いてくれない」と距離を感じてしまうこともありますよね。

適度な自己開示をして、「あなたに心を許していますよ」とアピールすることは必要ですが、ありのままの自分をさらけ出し過ぎると、男性は引いてしまうでしょう。また、気の緩みによる「これくらい大丈夫だろう」というたかをくくった行動が、別れの引き金になることもあります。


「だらしない」が「かわいい」のは初めのうちだけ!

オカン気質の世話好き男子が増えました。一人暮らしが長いため、家事は完璧。心に余裕があり、包み込むような優しさで接してくれます。それについ甘えてしまって、服を脱いだら脱ぎっぱなし、食材の買い出しを「めんどくさ~い。行ってきて」。料理を作ってもらったのに、片付けもせず、テレビを見ながらゴロゴロ……。

初めのうちは「君は本当にダメだなぁ」と笑いながら片付けてくれていた男性も、慣れてくると、「このトド女邪魔だな……」と思うように。整頓された環境が好きだからこそ家事を率先して行うのに、彼女のせいでいつまでも片付かなくて、苛立ちがつのるばかり。そのうち、耐え切れなくなって怒りが爆発するでしょう。


スカートの中が丸見え!