【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

友だちになる人、なれない人

会話する男女
あなたは別れて疎遠になるタイプですか? 友だちになれるタイプですか?
別れたあとに、友だちになれるタイプの人と、なれないタイプの人がいます。気質は大きく2種類に分類できますが、複数の人と付き合ったら「友だちになった元恋人もいれば、2度と会わないだろう人もいる」人が多いのではないでしょうか。

もちろん「絶対友だちになれない!」と言う人は、自分から連絡をシャットダウンして避けようとするので、どんな人と別れても友だちになることはありませんが、「友だちになりたい」と言う人が、別れた恋人全員と友だちになれるわけではありません。言うまでもなく、相手も友だちになることを望まなければ、友だちにはなれないからです。

元の関係が重要

恋人になる前の関係は、その後友だちになれるかを大きく左右します。もとは幼なじみや同級生など、気の置けない友だちから恋愛に発展したカップルは、別れても友だちになりやすいようです。これは、異性の友だちには、「一緒にいて楽」「尊敬できる」という性質があるため。恋愛という関係でなくても、気持ちよく一緒に過ごせる相手だと認識しているので、友だちに戻りやすいのでしょう。

また、長く友人関係を築いていると、互いの友だちがかぶってきますよね。「会いたくない!」と思っていても、結婚式の二次会や同窓会など、イベントでの遭遇率は高く、「明らかに避けるのも大人げないし、周りに気を遣わせるのは悪いし……」と、互いの近況などぽつりぽつりと会話しているうちに、再び意気投合して、仲良くなることも。

逆に、付き合うきっかけが飲み会や合コンなど、元からの縁があまりなかった人とは、連絡を絶つと、その後再会のチャンスが訪れにくいため、友だちになる確率は友人関係から発展した場合よりも低いといえます。

もう会いたくない…はずが!?

浮気や暴力、大げんかなど、別れ際に辛い思いをした相手とは、「二度と顔を合わせたくない」と思うので、すぐ友だちになるのは難しいでしょう。しかし、人の記憶とは不思議なもの。嫌なことはだんだん忘れ、自分に恋人ができて幸せなタイミングで再会すると、友だちになれることもあります。


過去の恋人から連絡が来た! その真意は?