プレゼント下手は嫌われる!? もらって嬉しくないプレゼントの特徴

心をこめて選んだプレゼントをあげたのに、相手はなんだか不機嫌。そんな経験ありませんか?

心をこめて選んだプレゼントをあげたのに、相手はなんだか不機嫌。そんな経験ありませんか?


誕生日やクリスマス、付き合って○周年など、カップルでプレゼントを贈り合う機会は年に数回あるはず。本来なら喜ぶべき記念日が、プレゼントを外しただけで、どんよりと重い空気に……。

「あなたがくれるものならなんでも嬉しい」とはきれいごと。実際には、もらって困るプレゼント、怒りがわくプレゼントもあります。「他人の振り見て我が振り直せ」。プレゼントで嫌な思いをしたエピソードを集めてみました。


パターン1:明らかに手抜きなプレゼント

せっかくのイベント。期待し過ぎると痛い目に遭いますが、「いくらなんでもこれは……」という手抜きプレゼントを贈っていると、相手は「愛情を感じない」と思ってしまいます。

■会社で配っている余りモノのノベルティ
「付き合って最初のクリスマスにもらったのは、彼の会社のロゴ入りの置き時計とボールペン。どう見ても、会社に落ちてたノベルティなんだけど……。確かに、目覚まし時計を持っていないからほしいって話したことがあったけど、クリスマスプレゼントって意味じゃないんだけど。あまりにもケチでがっかり」

■「食事だけ」と言ったけど、冷たい弁当とコンビニケーキに絶句

「彼女に誕生日プレゼントのリクエストがないか聞かれたので、『プレゼントは要らないから、ゆっくりと食事がしたい』と答えたんです。当日、彼女の家に招かれて、出てきたのは冷たい手作り弁当とコンビニのケーキ。プレゼント代わりなんだから、そこは頑張ってほしかった……」

一方、相手に喜んでもらいたい一心であっても、肩に力が入りすぎたプレゼントは、人によっては重いと感じるようです。続いてご覧ください!