生理は「生理現象」。受け入れて!

並んで座るカップル
毎月生理が辛そうな彼女。恋人であるあなたが支えてあげましょう。
生理の正式名称は月経。生理的出血をするため、生理と呼ばれるようになりました。多くの女性は生理前になると、些細なことにイライラしたり、理由もなく気分が落ち込んだり、体調が悪くなったりします。

これらはPMS(生理前症候群)と呼ばれており、違和感程度に思う人もいれば、日常生活に支障が出るレベルの人まで、症状と重さは人によってさまざまです。

PMSは病気ではなく、排卵がある女性なら誰にでも起こりうる生理現象。PMSが重いパートナーと付き合うなら、男性は受け入れて上手にいたわる術を身につけるのが長く付き合うための鍵となるでしょう。

一人で悩んでいる彼女を支えよう

PMSは病気ではないので、治そうと思って簡単に治るものではありません。生理がない男性からすれば、「毎月のことなのに対処できないなんて甘えている」と思うかもしれませんが、一番困惑しているのは当事者である彼女です。

自分が今すぐ片付けなければならない仕事を前にしているのに、激痛によって手が動かなくなったら、と想像してみてください。頭ではわかっているのにできないもどかしさ、わかりますよね? PMSが重い女性は毎月そのような葛藤に苛まれているのです。

パートナーであるあなたが理解を示し、彼女を支えてあげましょう。


具体的にはどうすれば良いのでしょうか?