マドレーヌの基本的なレシピープロが教えるしっとりおいしい作り方

所要時間:30分

カテゴリー:スイーツマドレーヌ

 

フランスのお菓子「マドレーヌ」。プロが教えるレシピ・作り方

マドレーヌといえば、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」の中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸して食べる冒頭のシーンがあまりにも有名。バターの風味が豊かなマドレーヌは、フランスの女の子が一番最初に習う、代表的なフランスのホームメードのお菓子です。次の日のほうがバターが馴染んでおいしくなるので、プレゼントにもぴったり。

はちみつを加えることでよりしっとりとしたおいしさが生まれる、基本のマドレーヌのレシピ・作り方をご紹介します。
 

マドレーヌの材料(12個分

マドレーヌの材料・分量
2個
グラニュー糖 50g
はちみつ 大さじ1
ひとつまみ
薄力粉 80g
ベーキングパウダー 小さじ2分の1
バター 60g
レモン (皮をすりおろしたもの)2分の1個

マドレーヌの作り方・手順

マドレーヌの作り方

1:下準備をする

下準備をする
室温に戻して柔らかくしたバター(分量外)を、マドレーヌ型に塗っておきます。(刷毛が無い場合は指で直接塗ると簡単です)。型を冷蔵庫で冷やした後、強力粉(分量外)をはたいて余分な粉は落とします。卵は室温に戻しておきます。薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるい、レモンは皮をすりおろします。

2:卵・グラニュー糖・はちみつ・レモンの皮・塩を混ぜる

卵・グラニュー糖・はちみつ・レモンの皮・塩を混ぜる
ボウルに卵を入れ、泡立て器でよくほぐします。グラニュー糖、はちみつ、塩、レモンの皮を入れ、泡立て器で全体がとろっとしてくるまでよく混ぜます。

3:ふるっておいた粉類を加えて混ぜる

ふるっておいた粉類を加えて混ぜる
あらかじめふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え、泡立て器で中心から外側にゆっくりと円を描くように混ぜます。粉が見えなくなったら、そこで混ぜるのを止めます。ここで混ぜすぎると生地が固くなってしまうので、混ぜすぎに注意してください。

4:溶かしバターを混ぜる

溶かしバターを混ぜる
電子レンジ(600w)で耐熱容器に入れたバターを約1分加熱して、熱い溶かしバターを作ります。泡立て器で混ぜながら少しづつ加えていき、生地にダマができないよう、よく混ぜます。

5:生地を型に入れ、オーブンで焼く

生地を型に入れ、オーブンで焼く
生地をスプーンでマドレーヌ型に入れます。型をテーブルに軽く落として、生地の中の気泡を抜きます。190℃に温めておいたオーブンで約10分焼きます。オーブンによって火の入り方が違うので、焼き上がりの様子を見ながら焼き時間は加減してください。

6:網の上で冷ます

網の上で冷ます
焼き上がったマドレーヌを型から出し、生地のふくらんだおへその部分を下にして、網にのせて冷まします。

ガイドのワンポイントアドバイス

マドレーヌを焼く前のプロセスで、できれば生地を1~2時間休ませると、おへそのぷっくりした、きめの細かいマドレーヌが出来上がります。お好みで80gの薄力粉のうち10gをカカオパウダーに替えるとチョコレートフレーバー、5gを抹茶パウダーに替えると抹茶フレーバーのマドレーヌが作れますのでバリエーションをお楽しみください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。