【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「誰にも選ばれない女」の特徴に当てはまってない?

男性に選ばれない女性の性格と特徴!婚活にも使える恋愛情報

選ばれない女に当てはまってない?

あなたが自分に一番ふさわしい運命の人と結ばれたいのであれば、個性をポジティブに輝かせる事が一番大切です。これは恋愛成就の宇宙法則です。

とはいえ、巷には、どうも明らかに男性に敬遠されてしまいそうなかなりNGな言動をなかなか変えようとしない女性も多いものです。こういった女性たちは、もしかしたら、自分たちの普段の振る舞いを、「自分たちの個性」と誤って自負しているのかもしれません。

自分に自信を持ちながら行動する態度は素晴らしいと思います。でも、その自信が返って裏目に出てしまう場合もあるようです。

なぜなら男性たちは、あなたの普段の言動から、様々な想像を巡らせながら、自分と長くやってゆけるパートナーかどうかをしっかりとチェックしています。もちろん男性によって、女性を見るチェックポイントはまちまちですが、いくつかの共通点も存在しています。もしかしたら、あなたは、それらのどれかに、気付かずにひっかかってしまっているかもしれません。ガイドが、20代前半から50代前半の男性諸氏との会話を通して学んだ「選ばれない女」の特徴をいくつか披露させて頂きます。
   

1. スキルアップ中毒の女

自分磨きに没頭

自分磨きに没頭

今日は英会話、明日は資格取得のための学校、週末はダンスのレッスン、といった感じでとにかく自分磨きに没頭している女性。

案外いますよね。もちろん、教養を高めて、スキルを磨く事は素晴らしい事です。でも、物事はバランスが大切。一般的に女性に癒しを求める男性から見ると、こういう女性は、場合によっては尊敬の的にはなっても、パートナーとしての対象にはなりにくいものです。

 

2. 超セレブ嗜好女

このご時世でも結構います。この手の女性。ブランド物一色で着飾って話題の高級レストランはすかさずチェック。いくら高収入な男性でも、贅沢好きな女性をパートナーの第一候補として選ぶことは少ない様です。もっとも、あなた自身がそれにふさわしいセレブであれば話は別ですが。

 

3. 尽くし過ぎる女

一見男性にとっては都合良く映るかもしれませんが、経験豊富な男性であれば、かえって敬遠するタイプです。成熟した男性の多くは、余程のマッチョな考え方の持ち主を除けば、恋愛関係に精神的に対等なパートナーシップを求めるものです。経験豊富な男性の多くは、こういった女性がストーカー化する傾向が強い事を良く心得ています。

 

4. 計算高い女

当たり前と言えば当たり前ですが。数字とメリットで相手を判断する女性。今でも、否、最近は昔よりもこのタイプの女性が増えているかもしれません。

男性は高収入になればなるほど、こういう女性に対して警戒心を募らせるものです。「もしかしたら、彼女はお金目当て?」なんていう疑惑を持たれてしまったら、その先に進む事はありません。男性は、基本的に女性よりもロマンティスト。結局ハートで勝負する女性に軍配が上がるのは今も変わらず世の常でしょう。

 

5. ハイパーエネルギー女

いつも元気一杯で所かまわずハイテンションぶりを発揮する女性。案外いますよね。こういう女性はお友達としてたまにお付き合いするには良いかもしれませんが、基本的にパートナーには安らぎを求める男性のこと。余程エネルギーが有り余った人で無い限り、敬遠の対象になりかねません。

 

6. 頑固な女、かたくなな女

自分のポリシーをしっかりと持っている女性は気持ちが良いものです。でもこれが行き過ぎると、ただの頑固者です。

女性の頑固は男性が一番嫌う特徴です。たまには、自分の意に添わない事でも、それが道にはずれた事でなければ、臨機応変に相手に合わせる事も大切。恋愛関係は持ちつ持たれつなのですから。

 

7. マナーの悪い女

あなたのマナー見られているかも

あなたのマナー見られているかも

日本はグルメブームで湧いていますが、案外きちっとしたテーブルマナーやパーティーなどのイベントにおける正しい立ち振舞い方を知らない女性が目につくものです。

もちろん、食事やパーティーに限らず、普段の公衆道徳も大切です。ごみ処理の仕方だとか、洗面所の使い方だとか。結婚を意識する男性は、案外そういう細かいマナーをチェックしているものです。マナーが悪い女性は、育った家庭環境を疑問視されたり、将来子どもの教育を任せる事が出来ないのではという不安を呼び起こします。

 

8. 精神不安定な女

会う度に態度が変わる女性。メールをしても、即答してきたと思いきや、次のメールへの返信は1週間ほったらかし。

こんな女性は結構沢山います。本人はあまり気が付いていないのでしょうが、男性は短期間における女性の態度の変化には案外敏感です。経験豊富な男性は、女性の言動の変化から、自分に対する好意の度合いを測る事が出来ますが、常時起伏する女性の言動からは、その女性がはらむ精神不安の危険性を読み取ります。

 

9. 匂い過ぎる女

男性も女性に負けず劣らず、香りには敏感です。匂いは、嗅覚を通して、強烈な印象をインプットする力を持ちます。ほのかに漂う香水は、男性にとってもとても心地よいものです。一方で、あまりにも強烈な香水の匂いにたじろいでしまう男性が多いのも事実。香りは潜在意識に入り込み、第一印象を台無しにしてしまうこともあります。

全くの香り無しの場合はどうでしょうか? 無臭であれば、マイナスにはならず、問題ありませんが、「体臭」がある場合は、余程特別な趣味を持つ男性を除けば、即アウトなので、注意が必要です。また、体臭以上に口臭にもケアが必要な事は言うまでもありません。

 

10. 過剰ダイエット女

男性は女性が思うほどスリムな女性に魅力を感じているわけではありません。若く未熟な男性なら周囲にうらやましがられたいとモデル体型の女性を希望する場合もあるかもしれませんが、精神的に成熟した男性は、女性の「健康美」を重要視します。

また、せっかくの楽しい会食でご馳走を前にして、雀がつつくようなありさまを見せられるとがっかりしてしまいますし、食べ残しには決して好印象を覚えません。

 

11. 好みにうるさい女

ワインのうんちくにはもううんざり!とおもわれているかも

ワインのうんちくにはもううんざり!とおもわれているかも

例えば、自称ワインエキスパート女。どんなにワインに詳しい男性でも、出されたワインにいちいち蘊蓄をたれつつ、好き嫌いをのたまわれたのでは、好印象を持つはずはありません。余程のマニアでもない限り、まともな感性の男性は、ビンテージよりも自分自信の味覚でワインを評価しようとするものです。

もちろん、これはワインに限ったことではありません。生半可な知識で知ったかぶりせずに、おいしいものは単純においいしと言ってくれる素直な女性を男性の多くは求めています。

 

恋愛以前に、人としてのマナーと常識は大事

これ以外にも、「時間にルーズ」「化粧が濃すぎる」「表情が硬い」「雰囲気が暗い」などまだいくつもありますが、どれもあたりまえの事ばかりです。

日々、常識人としてあたりまえの事に気をつけながら、素直に自分の気持ちを表現出来る女性が選ばれるというのが結論の様です。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。