ダイエット中のチョコは、量より質の気持ちで、ゆっくり味わいたいですね!

ダイエット中のチョコは、量より質の気持ちで、ゆっくり味わいたいですね!

板チョコなど気になるチョコレートのカロリー…太らない食べ方のコツ

寒い季節になると、濃厚なチョコレートがより美味しくなりますし、女性にとっては無関心ではいられないバレンタインデーもやってきます。そこで気になるのはチョコやケーキをを食べ過ぎてしまい太ること。どうしたら、太らないで食べることができるのか、今回はそのコツをご紹介しましょう。
 

体脂肪が増える仕組みとは?

まず最初に「太る」仕組みをおさらいしておきましょう。太らないためは「食べる物のカロリー」と「身体が消費するカロリー」の2つの間に差を無くせばOK。食べる量が多すぎたり、あまり動かずにいると、摂ったカロリーが余ってしまい、体脂肪が増えて太ります。

ちなみに、脂肪1kgを減らすには約7000kcalものカロリーを減らさなくてはならない計算になります。ビールの中ジョッキ1杯を30日飲み続けると、約1kg分の体脂肪になりますし、運動して減らす場合は、毎日1時間歩くと1ヵ月でやっと1kgの体脂肪が減ります。いずれにしても、結構大きなカロリー量ですよね。

また、年齢とともに消費するエネルギーが減ってくる(太りやすくなる!)という事実も知っておきたいもの。20代の頃に比べて30代以降では、カラダの代謝は確実に低下していきます。若い頃と同じような食生活を送っていると、なんと1年間でおおよそ3kgほど体重が増える計算に。気をつけないと、3~4年で10kg増! ということになってしまうのも事実なのです。
 

板チョコ、トリュフ、ウエハースのカロリーはどれくらい?

結局「消費するカロリーよりも、食べる物のカロリーが多ければ太る」のです。要するに、痩せる食べものも太る食べものもなく、食べる量の問題といえます。そう考えると、チョコレートも量に気をつけて食べれば、太ることはありません。

それでは、チョコレートのカロリーを見ていきましょう。ミルクチョコレートは100gあたり557kcalです。市販の板チョコ(ミルク、1枚70g)は約390kcal。カロリーが高い! という先入観のあるチョコレートですが、実は板チョコ1枚はショートケーキ1個と同じ位。市販品の中では、パフ入りチョコ(1枚約260kcal)やエアチョコ(サイズのわりにはカロリー控えめ)ウエハースチョコ(1箱約200kcal)など、チョコレートそのものの重量が少なくなっているものは、カロリーが控えめなのでより安心です。

チョコレート専門店のトリュフやボンボンなどは、1粒が8g~15g程度のサイズのものが多く、1粒が50~90kcalと幅があります。生クリームやナッツの多いもの、サイズの大きなものはカロリーが高めで、ビター系のものやシンプルなものは、ややカロリーが控えめです。
 

太らないおやつの適量ってどれくらい?

カロリーの数字さえあっていれば、食事がわりにお菓子を食べても良いのでは? と思っている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違い! 食べものは個々違う栄養素を持っているので、バランス良く食べることで、代謝や消化の相乗効果が生まれる仕組みになっています。偏った栄養バランスだと、同じカロリーをとっても上手に使われないものなのです。要するに「お菓子ばかりだと栄養失調により代謝が滞り太る」現象に。

そんなことにならないためにも、適量は意識したいところ。成人女性が1日1800kcalを必要としている場合、お菓子やおやつではその10%のカロリー分(1日あたり180kcal)を目安にしましょう。この量であれば、ストレスをためずにお菓子を楽しみつつ、栄養バランスに大きな影響もないと考えられます。市販の板チョコレートなら、1日1/2枚分まで。トリュフやボンボンなどは1日3つ程度が適量なので、知っておきたいですね。

このように、時にはチョコレートも楽しみながら上手にダイエットを心がけて。毎日を厳重に制約するだけではなく、食べる楽しみも確保しつつ、長く確実に続けて行きましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。