これは、昨年末に国際結婚し、今年始めからフィンランドに住んでいるミキさん・レオさんカップルの体験談です。

今までのストーリーは
連載1 「出会いはゲストハウス、始まりは靴箱から」
連載2 「遠距離恋愛までのカウントダウン」
連載3 「遠距離恋愛5年間。成功の秘訣は?」
連載4 <番外編>「国際恋愛成就のための語学上達法」
連載5 「家族との温泉旅行で結婚話が一気に進展」
をご覧ください。

彼の希望で伝統的な日本の結婚式


2006年3月末に、彼と日本のご両親・伯母さんと一緒に温泉旅行に出かけたミキさん。そこで結婚のことが一気に決まり、約8カ月後の11月、いよいよお2人の結婚式が執り行われることになりました。

後にフィンランドでも式を挙げていらっしゃいますが、先に日本で、神前式で挙式した理由は何だったのですか?

神前式で結婚式をしたいという外国人パートナーはけっこう多いです。独特の神秘的な雰囲気があるからでしょうか… (写真はイメージ)
「彼がどうしても日本で伝統的な結婚式を挙げたがっていたものですから。しかも袴を着たいと……。

フィンランドの両親にも、日本の結婚式を見せたかったみたいなんですよね。私が一度、従姉妹の結婚式の写真を見せたからかな~? もう目が釘付けで、写真を興味深そうに見ていましたから……。
日本の浴衣も自分で購入するくらいだから、あの衣装をぜひ着てみたいと思ったんじゃあないでしょうか」

かくして、ご実家近くの神社で式を挙げ、披露宴は付随する披露宴会場で、おごそかに行われました。結婚式はご両家の身内の方のみの参加だったそうです。

花嫁の父……つまりお父さんは、結婚式のときはどんな感じでした? 涙ぐまれたりしていましたか?

「父は、いつもと変わりなく、ジョークを飛ばしていたりしていました。涙ぐんだりはしていませんでしたね~。うちの母も同じく泣いていなかったし……」


そしてフィンランドからも大勢日本にやってきました! →