2人で過ごす時間も大切


●5位 2人の時間を作る(食事、買物等)

食事だけでなく料理から一緒にするのも楽しいですヨ♪
共働き夫婦だったり、妻が子育てに忙しいと、2人だけの時間はなかなか持てないもの。それをあえて作るようにするのも、大事なポイントです。
休日のショッピングや、子供を寝かせてからゆっくり食事など、工夫すれば一緒にいる時間がたくさん作れそうですね。

●6位 同じ趣味や楽しみを持つ

偶然ですが、私たちもそんなことをしている夫婦でした。
・趣味が異国にいる夫・妻を「孤立」から救う

意図した訳ではないけれど、たしかに同じ趣味を持っていると、一緒にいる時間が増えますし、共通の話題ができ、共通の友人・知人ができます。自分たちの世界も広がるような気がしますよ。

●7位 魅力的な男・女でいる努力をする

パートナーにとっていつまでも自分が最も魅力的な男性・女性であり続けたい。……本音のところでは、皆そう思っているのではないでしょうか?
でも、忙しくて容姿にかまっていられないとか、年だから仕方ないなどと自分に言い訳し始めると、努力をしなくなっちゃうんですよね。

一気にタガを外さずに、少しでも自分ができる範囲で努力していきたいものです。
また、外見だけでなく、内面を磨くことも続けていきましょう。
そういう“気概”がある人こそ、いくつになっても魅力的なのかも。
・セクシーな関係、続いてますか?

●8位 お互い干渉し過ぎない、束縛しない

夫婦といえどもプライバシーはあります。そこに踏み込みすぎないことも大切ですね。

国際結婚では、自国にいる側が、母国を離れているパートナーを、初めは1から10までケアしなくてはならない場合もあります。ですが、パートナーが環境に慣れ、自立してきたら、“ケア”が“束縛”にならないよう、離れて見守ることも大事になってきます。その辺のサジ加減が、むずかしいですけど必要ですよね。

日本人夫婦の「円満の秘訣」とはここが違う!? →