日本人夫婦の「円満の秘訣」と比べると……


国際結婚カップルの「円満の秘訣」と日本人カップルのそれでは、何か違いがあるのでしょうか?
二松まゆみさんがガイドするAll About 【結婚生活】の記事「夫婦円満の秘訣ベスト10発表!!」の結果はこうでした。

■なんでもランキング「夫婦円満の秘訣」ベスト10
    1位  会話
    2位  思いやり
    3位  感謝の気持ち
    4位  おいしい食事
    5位  干渉しすぎない
    6位  相手を尊敬・尊重する
    7位  セックス
    8位  スキンシップ
    9位  たまにけんかをする
    10位  ペット

※こちらは自由回答でしたので、項目は多少異なります。
 (国際結婚版「夫婦円満の秘訣」と見比べるにはここをクリック
 ブラウザの「戻る」でこのページに戻ってください。)

やはり「会話」が1位!!
どんな夫婦でも、円満の秘訣は「夫婦の会話」であることが証明されました~!! 必要事項の報告や業務連絡的な会話ではなく、ちゃんと「夫婦の会話・話し合い」を、日々続けていってくださいネ♪

2位と3位は逆転しましたが、日本人カップルでも国際結婚カップルでも、トップ3の内容は同じ!という結果になりました。

顕著な違いは「スキンシップ」と「干渉し過ぎない」


両者の違う点を探してみると、「スキンシップ」と「干渉し過ぎない」の順位にそれが現れていることが分かりました。

国際結婚カップルでは「スキンシップ・性生活を大事にする」は4位ですが、日本人カップルでは7位「セックス」&8位「スキンシップ」と順位は低め。日本ではあまりスキンシップは重視されないのでしょうか? そんなこともないと思うのですが……。

ただ、夫婦といえども人前で手をつないだり腕を組んだりすることはなるべく控える、というのが日本の文化。その点、欧米ではどこでもごく自然にスキンシップしていますから、円満の秘訣としても、順位が高くなるのかもしれませんね。

「干渉し過ぎない」は、日本人カップルでは5位と比較的高めなのに対し、国際結婚カップルでは最下位でした。

外国人パートナーの感じ方としては、「干渉」は「関心」と近いのではないかと思います。干渉したりされたりしなくなるのは、関心がなくなったのと同じ。パートナーから関心を持たれなくなったら、それはもう夫婦の愛情がなくなったのも同じ……。だから多少の干渉はアリだという感覚なのではないでしょうか。(ま、「し過ぎ」はよくないのですが)

日本人は、干渉というと「ベッタリ」や「じめっと」になりがち。適度な距離をおいている関係のほうが、お互い居心地よく長続きすると考えているカップルが多いのでしょうね。


国際結婚版「夫婦円満の秘訣」、いかがでしたか?
日本人カップルの秘訣とトップ3が同じだったというのは、うれしい結果でした。そう、夫婦の基本は同じなんですよね、きっと。
いろいろ実践中のみなさんも、これからどれかやってみようと思っている方も、いつまでも円満でお幸せなご夫婦でありますように!!


【関連リンク】
“以心伝心”より“話し合い”が夫婦円満の極意
国際結婚している有名人もこうアドバイス 話し合いはやっぱり大事!
言葉にして伝えたい。今年もアナタに「ありがとう!」
夫/妻は掛け替えのない人ですか?
人と人を結ぶ不思議な力…… 海を越えた「ご縁」を大切に!
11月22日は「いいふーふ」の日。では、国際結婚の「いい夫婦」とは?
夫婦円満の秘訣ベスト10発表!!【結婚生活】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。