こんなはずでは<4>: 長期帰国して戻ったら……


国際結婚して夫の国に住んでいました。現地の生活にはすぐ馴染み、私の親の援助でマンションも購入。幸せに暮らしていました。
ほどなく妊娠。外国での出産は不安があり、彼の家族も遠くに住んでいたため、日本に帰って産むことにしました。

ギリギリに帰国して、無事出産。両親は初孫の誕生を手放しで喜んでくれ、一度戻ってしまったらなかなか顔を見せられないということもあり、少し長居をすることに。赤ちゃんの首がすわり、飛行機での移動も心配ない時期まで待って、約5カ月後に夫の元に帰りました。もちろん、留守の間は電話やメールでずっとやり取りをしていました。

ところが……

マンションに戻ってみると、そこには見知らぬ女性がいて、夫と暮らしていたのです。我が子を初めて父親に会わせることができる、夫の喜ぶ顔が見たい、という思いでワクワクしながらドアをあけた私は、すぐには事態がのみこめず、「どうして?」を繰り返すばかり……。

その女性は、結婚前に付き合っていたという元カノで、私が長期帰国をしている間に、寂しさからかまた会うようになり、ヨリが戻ってしまったらしいのです。

夫とは何度も話し合いましたが、埒が明きません。彼女と別れようとはしないし、その女性も出ていかずに、マンションに居座り続けています。
せめて父親として子供だけは可愛がってほしいと思うのですが、抱き上げてくれたこともありません。

なんで彼はこんなに豹変してしまったのか……。長期で帰国していた自分が悪いのか……。
でも、離れていても心はちゃんとつながっている夫婦も、世の中にはたくさんいます。

法的措置に訴えたくても、どうしていいのか分からず、困っていたところ、知人が相談できる施設を教えてくれました。今は離婚を考えざるを得ない状況ですが、この先の生活をどうしたらいいのか途方に暮れてしまいますし、子供が不憫でなりません。

「こんなはずでは」と思ったら……


「国際結婚の理想と現実」でも書きましたが、困った事態になったら、すぐ誰かに相談しましょう。体験者が近くにいるかもしれないし、専門家の助けが必要な場合もあります。長引かせないほうが、あなたの立ち直りも早いかもしれません。

<関連サイト>
「国際結婚の理想と現実」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。