日本を訪れる外国人観光客は年々増加しています。そんな流れに乗って、外国人の妻や夫の家族・友人たちが日本に来る機会も増えているのではないでしょうか。

また、2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、海外での日本食の認知度・人気度はますます高まっています。

そこで、外国人ゲストたちは日本で何を食べたいと思っているのか、どんなレストランに連れていってあげたら喜ばれるのか、調べてみました。


居酒屋

今や世界中で人気なのが居酒屋。寿司屋をしのぐほどの勢いで、居酒屋スタイルのお店が増えている所もあります。ここはぜひ、来日した外国人ゲストを、本場日本の居酒屋に連れていってあげましょう。

居酒屋のいいところは、メニューが豊富で、代表的な日本食はだいたい食べられることです。そして、みんなでシェアするというスタイルも人気。欧米では意外にもこのように食べるレストランはあまりないのだそう。興味があるものを少しずつ食べてみて、美味しかったら追加注文すればいいのです。これなら外国人ゲストも、あまり恐がらずにオーダーすることができますね。チェーンの居酒屋では、写真入りメニューを置くところが多いので、それも外国の人には分かりやすくて便利です。

そして忘れてならないのが、あの接客スタイル! 来店時の元気な「いらっしゃいませ~!」を聞くと気分が上がりますし、注文する時はすぐ来てくれて、対応もハキハキしていて気持ちいい。外国でも人気の秘密はこの接客術にもあると、私は思っています。

居酒屋

居酒屋は外国人に大人気! リーズナブルに楽しめるのもいいですね。


居酒屋フード

お造りをはじめ和食メニューが豊富



ラーメン

ラーメン人気も海外ですごく高まっており、店舗数が急増中。日本でも絶対に食べるぞ~と意気込んで来る人も多いかも!?

ラーメン店は全国各地にありますので、お店探しはそれほど大変ではありませんよね。有名店に行く必要はなく、むしろ地元の行きつけのお店などのほうが、ローカルな感じがして喜ばれそう。ただし、スープの種類の違いだけは、しっかり説明してあげてください。みそ味苦手とか豚骨ダメという人もいるかもしれないので。

我が家にスイスから義妹家族が来た時も、地元で人気のラーメン店に連れて行きました。甥っ子と姪っ子はスープまで完食。そのあと行ったカラオケ店で、またラーメンを注文したのにはビックリしました。よっぽど美味しかったのですね。これだけ喜んでくれると、連れていった甲斐があるというものです。

ラーメン

もはや日本の国民食!?


>>次のページに続きます。