ワースト1/眠ってしまう、眠ってばかり…で、触らせない

futari.jpg
結婚式当日の気持ちを大切に、仲良く過ごしたい。
第一位はやっぱりコレでした。「わざわざ水上コテージを高い部屋代出して予約したのに、7泊中、触らせてくれたのは1日だけ。」とはモルディブ・ハネムーン帰りの編集者花婿より。ここ3カ月、結婚式の準備で忙しいから……と避けられていた夜のお楽しみ。やっとやっと海外だから開放的な気分で楽しめると思いきや!? ぜんぜん相手にされなかった~、という嘆きのお声、少なくないのです。
せっかくのハネムーン、ダンナさまに「この人と結婚してよかった!」と再び認識させるべく、素敵なランジェリーを身に纏い、モルディブの月明かりの下、幸せなナイトタイムを演出してあげてはいかがでしょう?
思い出深いハネムーンになりますように、お祈りしております!
このような海外ウエディングに関するガイドメルマガを配信しています!【関連リンク】旅先で花婿がやってはいけない8のこと
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。