【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
大好きなダーリンと待ちに待ったハネムーン! 入籍もしちゃったし、愛されているから何をしてもいいのよ~と思っては大間違い。こんな行動を取らないように要注意を。生涯忘れられない素敵な新婚旅行を実現してください。

ワースト5/なんだか四六時中、ご機嫌ナナメ

5vagas200.jpg
ドライブする時は助手席でも笑顔でナビゲーションを。
「なんで? オレ何かした? って何回聞いても答えてくれないんですよ。成田に着いて飛行機乗ったあたりからずーっと不機嫌で……多分、旅行の手配ぜんぶ奥さんに任せちゃったせいかな? とは思ったんだけど、6泊8日のハワイ、途中1日くらいはほとんど口も聞かずで……正直、疲れました。」とはハワイ・ハネムーン帰りの32歳メーカー勤務の花婿より。
確かに結婚式と同様に旅行にまつわる手配全般(ホテル選び、チケットの予約……などなど)は女性が動くことが多いですよね。一生懸命手配したのに旅の途中、彼がボーっとして荷物を持ってくれなかったり、ホテルの部屋に到着した途端「へー、窓からもっと海が見えるかと思った」なんてつぶやかれた時にはムッとして機嫌が悪くなって当然かもしれません。っが……ココは一生に一度の新婚旅行。しっかり深呼吸して怒りを沈め、かわいく「ねぇ、荷物持って」とお願いしましょう。また、彼がホテルやお部屋のランクに文句があるようなら「あなた、フロントにアップグレード頼んでみて~」と振ってみては? 彼の記憶に残るハネムーンでの自分は笑顔の女神でいたいですよね、旅先では彼を立てつつ、ニコニコ微笑むことを忘れずに。ただ、我慢は禁物、この先何十年も連れ添う夫婦なんですから、言いたいことはハッキリ伝えて、その場で解決するのがおすすめです。
次ページでは、ワースト4のお買い物について男性陣からコメント続々!