ワースト4/観光もそっちのけでお買い物ばっかり…

shop150.jpg
帰りの飛行機でオーバーチャージを取られるほどの買い過ぎには注意。
「もう、旅行に来たのか買い物に来たのかぜんぜんわかんない状態。日本にもコストコあるんだし、ロサンゼルスのスーパーでそんなに買わなくても……と思いましたよ。キッチンペーパーとかキャンドルとか、嵩張るものばっかり。L.A.の後、ラスベガスへ行ったですけど、荷物が重くて大変でした。」とは米西海岸・ハネムーン帰りの36歳外資系証券マンより。「パリには1日しか滞在できなかったんで、朝からルーブルとオルセー、ポンピードゥセンターにも行きたくて、美術館をハシゴする予定だったんです。しかーし、ナゼか結果はプランタンに籠もりっきりの1日に。彼女があれやこれやお土産を買うのに必死で時間がなくなってしまった……残念過ぎ!」とはヨーロッパ周遊・ハネムーン帰りの31歳教師のコメント。他にも「友達から頼まれた買い物リストとずっとニラメッコしていて滞在の半分くらいの時間を費やした。」や「3日連続、アラモアナのヴィトンとプラダとエルメスを行ったり来たり。バッグが欲しかったみたいだけど、迷うならやめておけばいいのに、結局ヴィトンで1つ、プラダで1つ買わされた。この時間でノースショアまでドライブできたのに……」などお買い物への不満が続々。
女性にとってショッピングは旅のお楽しみの上位ランキングですよね。ブツブツ言わないで彼に付き合ってもらいたいけれど……男性は女性ほどお買い物に興味がありません。ココは別行動を提案してゆっくりひとりでお買い物をするのがおすすめ。どうしても彼に付き合ってもらいたいなら「何時~何時までお買い物したいの」と時間限定で事前にお願いしておきましょう。旅先でなければ買えないものもあるけれど、貴重な時間は二度と戻っては来ないので、彼がしたいことの邪魔をすることのない程度にお買い物を楽しんで。
次ページでは、ワースト3の誰もが気になる英会話の悲劇!