【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

ハワイは海外ウェディングのシェアを拡大中

憧れNo.1のハワイウェディングは演出も最先端

憧れNo.1のハワイウェディングは演出も最先端

憧れの海外ウェディング。ヨーロッパやオーストラリア、アジアンリゾートなど、様々な場所で受け入れ体制が整い、ますます人気上昇中ですが、相変わらず堂々の人気エリアと言えば、ハワイ!

実に、海外ウェディングを行った人の67%がハワイで実施しています。ゼクシィの海外ウェディングトレンド調査2015によると、ハワイは2010年の47.1%から20%もシェアを拡大。その人気は絶大です。

 


ハワイウェディングでいま人気の演出は?

お揃いの衣装のブライズメイドが挙式に華を添えます。

お揃いの衣装を着た「ブライズメイド」が挙式に華を添えます。

ウェディング手配会社が増え、日本でのパーティと同様、ハワイウェディングでも2人らしい演出でおもてなしをしたいというこだわりが実現できるようになってきました。

以前から日本でも人気の「フラワーシャワー」はもちろん、友人にお揃いの衣装を着て挙式の付添人を務めてもらう「ブライズメイド&アッシャー」を立てた結婚式も増えているよう。

「ブライズメイドの衣装は、通販で手軽にゲストドレスやムームーを購入できるようになったので、現地でそろえるというより、日本で衣装を選んで来られる方が増えていますウェディングのテーマに合わせて、お揃いの衣装を選ぶプロセスも楽しまれているようですよ」と、ocean wedding Hawaiiの東京在住プランナー・礒田明子さん。

さらに、最近注目の演出を、5つを挙げていただきました!


1.ウェディングトローリー

家族と一緒にウェディングトローリーでチャペルへ。

家族と一緒にウェディングトローリーでチャペルへ。

ワイキキの街中から祝福の嵐。気分が盛り上がります。

ワイキキの街中から祝福の嵐。気分が盛り上がります。

最近、人気急上昇中なのが、貸し切りトロリーで教会に向かうウエディングトロリー。ハワイに来たら、必ずといってよいほど見かけるオープンエアのバスを貸し切りにして行う演出です。

「日本の挙式と違って、ホテルからの移動もゲストと楽しめます。カラカウア通りとクヒオ通りをぐるっと回れば、ワイキキ中の人からお祝いしてもらえるので爽快です」(ocean wedding Hawaii礒田さん)

*写真協力:ocean wedding Hawaii



2.キャンディバー

ポップなキャンディバーで会場が華やかに。

ポップなキャンディバーで会場が華やかに。

キャンディやクッキー、ガムやグミなどのお菓子をゲストが自由に取って楽しめるように作るスペースのこと。

ゲストがお土産にお菓子を持って帰れるように、袋やBOXを置いておきます。カラフルなお菓子が並ぶので、会場も華やかになり、ゲストも退屈しません。


3.ネイキッドケーキ

ナチュラルな雰囲気が人気のネイキッドケーキ。

ナチュラルな雰囲気が人気のネイキッドケーキ。

表面を生クリームで塗りこまない、スポンジが丸見えのケーキのこと。もともとNYで人気に火が付いたナチュラルで可愛いケーキです。ウェディングのテーマに合わせたフルーツや花で飾り付けるのにもぴったり。

*写真協力:ocean wedding Hawaii



4.フリンジバルーン

バルーン装飾はカラー選びで大人っぽくも可愛くもなります。

バルーン装飾はカラー選びで大人っぽくも可愛くもなります。

会場装飾に人気のバルーン演出。海外でのトレンドは、特にふわふわ浮かぶバルーンの持ち手の部分を、リボンやフリンジで飾ったりするもの。フリンジがふわふわと揺れ、会場装飾にも手作り感が演出できます。

ただし、ハワイでは自然に還る素材以外のバルーンリリースは禁止されていますので、室内で使うことが多くなっています。


5.フォトプロップス

手作りしても楽しいフォトプロップス。

手作りしても楽しいフォトプロップス。

結婚式はたくさん写真を撮りますよね。その写真に変化を出すために、海外で人気なのがフォトプロップス。ひげやメガネ、ハートや唇のモチーフに持ち手が付いた、記念撮影の小道具のようなものです。

これがあれば、ついつい似たようなピースポーズになってしまいがちな写真がユーモアあふれるものになります。思わず表情も変わってくるのでおすすめです。


ハワイウェディング人気の秘密

フォトプロップス

フォトプロップスを使って家族や友だちと楽しい記念撮影を!

前述のocean wedding Hawaii礒田さんにハワイウェディングの人気が根強い背景についても聞いてみました。

「以前に比べて、花嫁の母親の強い希望でハワイにした、という方が増えています。日本での挙式後に、母親たっての希望でハワイで挙式するケースです。花嫁がお母様の夢を叶えるためにハワイウェディングをプランニングし、お金は母親が払うというケースもありました」

ちょうど親の世代がいわゆるバブル世代にあたり、海外慣れしていること、また、親子関係が友だち親子化していることなども理由に挙げられそうです。

また、ハワイの魅力はなんといっても、日本語が通じやすいこと。

「日本人観光客が多いので親を連れて行っても安心だし、ずっと一緒に行動しなくてもいいから楽です」というカップルも。そんな環境要因もあり、ハワイウェディングは他のエリアに比べ、家族や親戚、友人など出席人数が多いのも特徴です。

出席人数が多いとパーティ演出のニーズも高まってきます。遠路はるばる来てくれた人をおもてなししようというカップルの気遣いもあって、挙式後にウェディングパーティを開くカップルが84.7%という数字になっています。

チャペルなどの挙式会場で併設しているパーティ会場やガーデンなどを使ったり、ホテルのスイートを貸し切って少人数のパーティを開くカップルも多いようです。

せっかくの海外ウェディングですから、ぜひ流行りの演出を取り入れて楽しんでください。

【オススメの記事】
ハワイ挙式をする人に、知っておいてほしいこと
ハワイで楽しめるウエディング撮影スポットをご案内
海外ウエディングの招待状やしおりの作成ポイント
憧れのハネムーンが「がっかり」に変わる時
最高にかわいい花嫁に!リゾートウェディングの花嫁ネイル

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。