出発前の顔合わせ

niwa.jpg
お互いに心の準備ができる上、旅の打ち合わせで話が盛り上がり、当日は、より仲良く出発できる確率が高いです
結婚前の準備は何かと忙しいもの。「両家の顔合わせは空港でいっかー」なんて思っていませんか? 出発直前の空港なんて、チェックインや入国の手続きでバタバタとして、しっかり挨拶はできません。

予め、食事会を開催し、それぞれの家族の自己紹介をしておきましょう。また、両親の他に兄弟や親戚などの同行者がいる場合、必ず各1名、リーダーを選出しておきましょう。連絡事項を取りまとめたり、現地で起こるハプニングに対応するのが新郎新婦であるふたりになると大変! 挙式前にくたびれてしまう可能性があります。兄弟や姉妹にお願いしておくのが望ましいと言えるでしょう。

同じホテル、同じ部屋タイプを予約する

現地での宿泊ホテルは、できるだけ同じホテル、同じ部屋タイプ、可能であれば同じフロアーを予約しましょう。見知らぬ土地で連絡を取り合ったり、待ち合わせをしたりするのは大変です。

同じホテルのフロントやロビーを集合場所にすれば、迷子になる心配がありません。また、両家でランクの違うホテルを選んでしまうと、後々のしがらみにつながる恐れも。

両家の希望を旅行日程に組み込み、しおりを作成する

事前に両家へ簡単なアンケートを実施し、現地で何泊したいか、また、何をして過ごしたいかを聞いておきましょう。できれば、みんなで楽しめるアクティビティを計画したり、両家の父親と新郎でゴルフ、両家の母親と新婦でショッピングなどの計画を立てても良いですね。

みんなの希望が揃い、旅行日程が決定したら、旅のしおりを作成しておくことをおすすめします。同行者の人数が多い場合、それぞれのプロフィールも添えておくと便利。他にはホテル周辺の地図やショッピング&グルメスポットなど、自由行動に活用してもらえる情報があると重宝します。