【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

海外ウェディングでのフォトツアーが人気!

フォトウェディング

ビーチでの撮影はロマンチックな思い出に。
 

いまや、海外ウェディングカップルの81%が行う「フォトツアー」。日本の挙式・披露宴では撮ることができない写真を記念に残すことができると好評です。

フォトツアーを実施する理由は「海外ならではの風景の写真を残したかったから」が90%で最も高く、次いで「挙式、パーティ会場以外での写真を残したかったから」が54%(データ出典:ゼクシィ海外ウェディングトレンド調査2015)。

お決まりの結婚写真だけではなく、まるで映画のワンシーンのようなロマンチックな写真を撮れるスポットが増えているので、結婚の記念にぜひ撮っておきたいですね。


「フォトツアー」とは? どんなニーズがある?

フォトツアー

プロの撮影スタッフによる撮影はモデル気分で♪

「フォトツアー」とは、海外ウェディングをおこなうエリアのビーチや街中など、絵になるスポットに出かけていき、プロのカメラマンに写真を撮ってもらうというもの。ハワイウェディングなどでは、ウェディングプランの中にオプションとして組み込まれていることも多く、カップルの多くが実施しています。

一般的なのは挙式当日に時間を取り、ウェディングドレスのままフォトツアーに回るパターンですが、最近では、挙式とは違う衣装を着たいというニーズも多く、例えばリゾートの雰囲気に合わせて挙式では着られなかった半ズボンとミニドレスに着替えるなど、おしゃれを楽しむカップルも増えているそう。

また、最近では、挙式ナシでフォトツアーのみのプランを実施する会社も増えています。ドレスなどの衣装はもちろん、ブーケもヘアメイクの心配もいらず、身一つで手ぶらで行くだけ。

「結婚式のような儀式的なことはしたくないけれど、記念に写真は残したい」という、いわゆるフォトウェディングを選択するカップルはもちろんですが、「もう一度ドレスが着たい」「ハネムーンの記念に」「その地ならではの写真を記念に残したい」という声も多く、日本で結婚式を挙げたカップルが、ハネムーン先の海外でフォトツアーに参加するケースも増えています。

さらに、「もともと海外でフォトウェディングをすることが目的で、プランを見ていたら、挙式付きのものがあったので、結果的にはいわゆる“海外ウェディング”になった」というカップルも。

アプローチのしかたは様々ですが、結婚の記念写真を残したいという想いは一緒のようです。


小物や背景は? フォトツアーではどんな写真を撮る?

以前の海外ウェディングでの撮影というと、ホテルでのお支度から、挙式、挙式後のガーデンなどでの記念撮影など、新郎新婦に密着してウェディングの1日を撮影するのが一般的でした。しかし、最近は、撮影のために、絵になる名所を巡る「ロケーションフォト撮影」が増えています。

例えば、ハワイウエディングの人気スポット・ワイキキなら、定番のビーチでの撮影はもちろん、ワイキキならではのフォトスポットを回って撮影することが可能です。
*写真協力:ocean wedding hawaii

1.ハワイでよく見るバニヤンツリーの前で
フォトウェディング

神秘的なバニヤンツリー。写真協力:ocean wedding hawaii


2.ハワイらしいビーチをバックに
フォトウェディング

ビーチでの撮影は、ガーランドやフォトプロップスを使って楽しく。写真協力:ocean wedding hawaii


3.人気スポットのマジック・アイランド
フォトウェディング

マジックアイランドは人気の撮影スポット。アラモアナ公園のワイキキ側で、海に突き出るように作られた人工のエリア。写真協力:ocean wedding hawaii
 

4.ロマンチックなサンセットビーチ
サンセットのビーチでロマンチックに。

サンセットのビーチを入れて、風景の一部に。写真協力:ocean wedding hawaii

このほかにもワイキキの街中や人気ホテルでなど、各社いろいろなプランを揃えています。ロケーションから選べたり、写真事例を見てカメラマン指名ができたり、衣装チェンジができたりと選択肢が広がっていますので、2人ならではのこだわりポイントを決めて、選びましょう。


フォトツアーにかかる予算は?

ゼクシィ調べ

■フォトツアーの費用(フォトツアーを行った人のうち、金額回答者/単一回答) 出典:ゼクシィ海外ウエディング調査 2015 - リクルート ブライダル総研

ゼクシィのデータによると、撮影枚数の平均は268.4カット。「100~150カット未満」と「300~350カット未満」がともに16%で最も高く、次いで「200~250カット未満」が15%とまるでモデル撮影のようにシャッターを切って、素敵な表情やシーンを納めていきます。なんと、「500カット以上」というケースも14%もあります!

撮影にかかる費用は、衣装を自前にするのか、全部お任せなのかなどでケースバイケース。一般的には、「5~10万円未満」が23%で最も高く、次いで「10~15万円未満」が20%、「20~25万円未満」が16%で、平均は19.4万円となるそうです。(データ出典:ゼクシィ海外ウェディングトレンド調査2015

まわるスポットを増やしたり、移動をリムジンにする、枚数を追加するなど、プラスアイテムを増やせばもちろんコストも増加しますが、10万円以下である程度の写真が揃えられるのは魅力的ですね。

海外ウェディングをする人はもちろん、ハネムーンで海外へ行かれる方も、いましか撮れないフォトツアーをぜひ検討してみては?

【ハワイ挙式計画中の方へオススメの記事】
プランナーが語る、ハワイウェディング演出のトレンド
ハワイ挙式をする人に、知っておいてほしいこと
ハワイで楽しめるウエディング撮影スポットをご案内
海外ウエディングの招待状やしおりの作成ポイント
憧れのハネムーンが「がっかり」に変わる時
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。