女優の藤原紀香さんのゴージャス挙式や辻ちゃんの入籍などおめでたいニュースが続くなか、この秋幸せになるセレブと言えば、神田うのさんですよね。先日、ご本人が抜群のセンスでデザインするウエディングドレスブランド「Scena D'uno(シェーナドゥーノ)」の新作ドレスと和装の発表がありました。ここでは海外ウエディングにぴったりな白ドレスをピックアップして、まだウィンドウに並ぶ前の美しいドレスを一足お先にご紹介しちゃいます。

「Scena D'uno(シェーナドゥーノ)」ってどんなブランドなの?

unoo.jpg
[写真協力/クラウディア]今秋の結婚式を目前にした美しいうのさんを一目見ようとたくさんの報道陣が訪れた新作発表会の風景
【Scena D'uno】(シェーナドゥーノ)のネーミングの由来は、「うの」のシーン=「うの」の場面という意味で、unoとは「神田うの」を表すと同時にイタリア語の「1」・「最高のもの」・「ナンバーワン」という意味合いからきているそう。
ファッションやトレンドに敏感なうのさんの感性で作られるウエディングドレスはどれもハイクオリティを追求。素材やデザイン・カッティングのすべてにこだわる完成度の高い作品は世界的にも評価され、2004年1月のパリコレデビューに続き、2006年10月にはN.Y.コレクションデビューも果たしています。

ロマンティックなバラをあしらったドレス

unootate.jpg
[写真協力/クラウディア(SD-0116OW)]ウエストのコサージュと共布のヘッドドレスで華やかさを増して
大きなリボンやラブリーなハートモチーフなど、女の子が好きなアイテムでドレスを彩っている今回のコレクション。なかでもふんわり大きなバラをあしらった右の写真のドレスは、キュートな中にもエレガンスが光っているデザイン。少女らしいイメージのエンパイア、大人っぽいイメージのマーメイド、少し大胆にミニの3パターンに変身出来る3WAYドレスです。
それぞれのディティールにもこだわりを持って作られた贅沢な一着は、胸のシルクリボンとコサージュがポイントになって可愛らしさを演出。海外の厳かな教会、海辺のチャペル、ガーデンウエディング……さまざまな愛を誓うシーンに似合いそう。

サムシングブルーを施した幸せドレス

unooblue.jpg
[写真協力/クラウディア(SD-0116W×BU)]清潔感溢れる白とブルーの組み合わせは海外の青い海にもぴったり
上記ドレスの色違いでバラのコサージュやリボンがブルーになったもの。こちらも3WAYなので、挙式中はエンパイア、パーティではミニ、など簡単にチェンジできるのが嬉しいですよね。段々に配されたリバーレースには繊細なビーズ加工が施され、ドレスに豪華さと輝きを与えています。
海外ウエディングの1日は朝のお支度から挙式、フォトツアー、夜のパーティまでほとんど丸一日ドレスを着用しているので、動きやすさもドレス選びの重要なポイントに。タイトな中にも女性らしい曲線ができ、優しい印象を表現できるマーメイドラインにチェンジすれば、移動中のリムジンの乗り降りも裾さばきを気にせず優雅にふるまえそう。
次のページでは今年のトレンド、ミニ丈ドレスが登場!