反応でわかる、あなたのお年頃と感性

まずはこちらの写真をご覧ください。どんな第一印象ですか?
 


実はこんな傾向があるのです。
●かっこいい/初めて見た/履いてみたい……と思った方
⇒10代~20代の方。30代以上のおしゃれな方。外国の方。

●えっ、地下足袋!?/素敵だけれど私には履けない……と思った方
⇒中高年。


火付け役は京都のSOU・SOU

若林剛之/「SOU・SOU」ディレクター。1967年京都生まれ。日本メンズアパレルアカデミーでオーダーメイドの紳士服を学んだ後、1987年(株)ファイブフォックス入社。1993年まで企画パターンを担当し、退社後に渡米。セレクトショップ、オリジナルブランドRFP立ち上げを経て、2000年に若林(株)を設立し、「SOU・SOU」スタート。2003年地下足袋を発表する。
この靴は、世界唯一の国産地下足袋ブランド「SOU・SOU」 の一番人気商品「貼り付け地下足袋 KI-KU」です。地下足袋は職人さんの世界からファッション界へ飛び出し、世界で絶賛されていますが、その立役者がSOU・SOUです。

よく日本のCool なアイテムを紹介する番組がありますが、パリジェンヌやニューヨーカーが地下足袋を履いている映像を観るたびに興味津々だったガイド・三浦が、この地下足袋の生みの親、SOU・SOUディレクターの若林剛之さんにお話を伺いました。

次のページで地下足袋の魅力をたっぷりご紹介しましょう >>>

【 INDEX 】
2頁目.地下で履くから、地下足袋!  
3頁目.先が割れていなくても、地下足袋?  
4頁目.これぞ正真正銘のスポーツシューズ、できました