「和菓子工房 あん庵」松田明氏の
「くるみの田舎風どら焼き」の材料(約10個分)

【生地】
・カリフォルニア くるみ 70g
・全卵 3個
・上白糖 150g
・ハチミツ 10g
・薄力粉 160g
・重曹 2.5g
・水 適量(調整用)
【中餡】
(※中餡の作り方は記事後半にてご紹介)
・小豆 375g
・グラニュー糖 550g

「くるみの田舎風どら焼き」のレシピ

下準備:
・くるみは180℃のオーブンでローストして粗く砕く
・上白糖と薄力粉は、それぞれふるっておく

混ぜる
1:ボールに上白糖・ハチミツ・卵を入れて、泡立てないようにすり混ぜます。薄力粉を加えてさっくりと混ぜます。

2:1)に水で溶いた重曹を加え混ぜます。生地の固さを「たらしてうっすら字のかける程度」に水で調整し、くるみを加えて軽く混ぜ合わせます。

焼く
3:ホットプレートを180℃前後に温めて薄く油を塗ります。1枚につきお玉に1杯弱、直径約10cmの丸い形に流します。

※ワンポイント
くるみが入るため均一に広がりませんが、それでO.K.です。

ふた
4:ふたをして数分間焼きます。生地の表面全体にプツプツと気泡が出たら裏返して裏面をさっと焼きます。

※ワンポイント
ふたをすることでふんわりとした食感が生まれます。

餡
5:どら焼きの皮が冷めたら1枚手に取り、餡を適量乗せます。そこへもう1枚の皮を乗せて、縁を軽く閉じます。

完成!
完成です!
熱々のうちがお勧め。
くるみの香ばしさが楽しめます。


中餡作り:
1)鍋に洗った小豆を入れ、たっぷりの水を加えて火にかける。渋を抜き(※)、出来るだけ小豆をつぶさないように柔らかく煮る。煮あがりの目安は小豆が指で簡単につぶれるくらい。(落し蓋などで小豆が踊らないようにすると、豆が割れにくくなります。)
2)別の鍋に少量の水とグラニュー糖を入れて溶かし、1)の小豆を加えてそっと混ぜる。全体がなじんだら中火にかけて焦がさないように時々混ぜながら煮詰める。
3)木べらからとろりと流れる程度にとろみが付いたらバットに移し、固く絞った布巾をかけて冷ます。
(※渋抜き例;沸騰したら差水をする。→再び沸騰して湯が小豆色になったところでザルにあげて水で洗う。→鍋に小豆を戻して水を加えて火にかける。)

ワンポイント

・皮を焼くときには、1回ごとに油を敷いて下さい。
・小豆は新しさなどにより渋の抜き加減、煮る時間が変わります。

【おやつレシピ】
「米粉のクレープ」カリカリくるみ&黒蜜
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。