第25回全国菓子大博覧会・兵庫(姫路菓子博2008)。姫路城周辺の15.5ヘクタールが会場となり、職人技が光る工芸菓子の展示や菓子の展示・試食・即売などが楽しめます。開催は2008年5月11日まで。お見逃しなく。

(目次)
P1 第25回全国菓子大博覧会・兵庫「姫路菓子博2008」
P2 3つの舞台の見所
P3 姫路のお菓子と開催情報

第25回全国菓子大博覧会・兵庫
「姫路菓子博2008」

姫路城
「白鷺城」とも呼ばれる「姫路城」
完成400年、
世界文化遺産登録15周年
全国菓子大博覧会(菓子博)とは、明治44年(1911年)、東京で開催された「第1回帝国菓子飴大品評会」に始まり、ほぼ4年に1度開催されるお菓子の祭典です。

チョコレートの地球儀
チョコレートの地球儀
テーマは「地球温暖化防止」
企画製作:
大手前製菓学院 製菓学科
主催地に選ばれた地域の自治体や菓子工業組合等で結成した実行委員会が主催する、日本最大のお菓子の祭典で、今回の開催地は姫路。開会に先駆けて早速会場を見て来ました。

菓祖神
お菓子の神様と崇拝される
田道間守命
神輿に乗って、菓子博へ
会場の一角では、兵庫県豊岡市の中嶋神社から神輿で運ばれてきた「菓祖神」田道間守命(たじまもりのみこと)がイベントを見守っています。お参りをして会場めぐりをスタート!

次ページでは、3つの舞台の見所をご紹介します>>