可愛らしさとヘルシーさを兼ね備える「クリスマスの上生菓子」。今でこそあちこちで目にしますが、その先駆けと言えるのが南青山の「菓匠 菊家」。この時期の菊家にはリースや煙突から覗くサンタクロースをかたどったものなど、おもちゃ箱に入れたくなるような可愛らしい上生菓子が並びます。味は茶人のお墨付き。合わせて人気の定番、新作、お年賀向きの和菓子もご紹介します。

(目次)
P1 「菓匠 菊家」、人気の定番「瑞雲」と「利休万頭」
P2 「クリスマスの和菓子」
P3 新作「多摩川」、お年賀に「とそ入り一口おこし」と店舗情報

「菓匠 菊家」南青山

菊家外観
「菓匠 菊家」
柳の木が目印
昭和10年創業の「菓匠 菊家」が店を構えるのは南青山の骨董通り。着物姿の女将に出迎えられると背筋がすっと伸びます。
ご主人の育てた花が活けられた店内は、小さいながらも居心地良く感じられます。葉や花の微妙な色合いなどが、お菓子作りの発想の源になっているそうです。菊家の和菓子の色使いやデザインはここから来るのだな、と思うとじっくり眺めてしまいます。

包装
包装は派手過ぎず
しっとりとした雰囲気
お店には常時15種類ほどの季節の上生菓子や干菓子、最中や利休ふやきなどが並びます。お茶席用の菓子の店として知られていますが、お持たせやティータイムのお菓子を用意するのにもふさわしいお店です。

2代目であるご主人と息子さん達3名のみで作っているため、ほぼ一日中和菓子を作り続けているそうです。お目当ての品を確実に手に入れるには、早めの予約が良いようです。

「瑞雲」(ずいうん)と「利休万頭」

瑞雲
「瑞雲」(ずいうん)
ほろりと溶ける黄身しぐれ
まずは四季を問わず作られている人気の定番、「瑞雲」(ずいうん)と「利休万頭」をご紹介します。どちらもシンプルながら味わい深いお菓子です。

利休万頭
ほんのり黒糖の香る
「利休万頭」
卵黄をたっぷり使った「瑞雲」はふんわりと柔らかくほろりとした口溶けの黄身しぐれ。「利休万頭」は黒糖風味のお饅頭です。私の好物なので訪れるたびに買いますが、どちらも菊家と言うと名前が挙がってくる人気のお菓子です。

次ページでは、「クリスマスの和菓子」をご紹介します>>