■潰れないということは、優良ビジネスモデルである




(次のページでその秘密があばかれる)

ほぼ確実に、500円玉でお釣りがくる。それなのに、なぜか深い満足感があって、いつしかまた食べたくなる。

駅のホームから漂ってくる汁の香りをかいだだけで、パブロフの犬となって立ち食い蕎麦スタンドに吸い寄せられていく自分を発見したのは、一度や二度ではないのでは?

わずかな例外を除いて、そいうえば立ち食い蕎麦屋は、潰れにくい。一杯売って、せいぜい数十円の利益しか出ないはずなのに、我慢の経営で持ちこたえ、我々の胃袋を満たしてくれている。
そのヒミツは何なのだ、というのが本日のテーマ。

もっと読む