創意工夫と素朴さと。バランス感覚の優れた料理

・冷前菜:マグロのタルタル 甘夏のソース

前菜一皿目は冷前菜。野菜をたっぷりと添え、ズワイガニも加えられて贅沢に。甘夏のソースのかけ方も芸術的で、センスを感じます。野菜自体にもしっかりと味があり、甘さ・苦さのコンビネーションが絶妙。脂の乗ったマグロを、甘夏の酸味がすっきりと中和し、野菜の旨さと共にいくらでも食べられそうなおいしさです。

・温前菜:帆立とラングスティーヌのポワレ
生ハムで包んだ人参のアイスクリームと新じゃがのスープ


今回、一番のお気に入りはコレ! ここの火入れはピンポイントで、これ以上の入れすぎもこれ以下もないというくらい素晴らしい。その最高の火入れで、帆立とラングスティーヌの旨みを引き出しています。さらに、人参のアイスがまた面白い。温かい新じゃがのスープに冷たいアイス。少し苦みばしったアイスを口に含むと、溶けて甘みが一気にあふれ出します。それを生ハムの塩気で引き締め、皿全体でひとつの世界を作り出しているかのよう。とても満足度の高い一品です。

次ページでは、丁寧に、そして優しく焼かれるメイン料理をご紹介。