驚きの火入れを体験するメイン料理

・魚料理:天然真鯛と活ダコのポワレ オレンジのソース

ボリュームたっぷりの真鯛は、食べてビックリ。「これ、本当にポワレ?」と思ったほど、身がふっくらジューシーなのです。そう、まるで真空低温調理されたような柔らかさで、はじめ淡白な味わいながらも、食べ進めていくと旨みがしっかり。タコの方は確かにポワレで、しっかりと旨みを閉じ込め、口の中でプチッとはじけるほろ苦さがとても美味。オレンジのソースは酸味・甘みがの中に魚介の風味が生きており、魚の食感と共に面白さを加味しています。

・肉料理:仔羊ロースのロティ チョリソのソース

たっぷりの夏野菜を添えられて出てきたのは、真っ赤っかの羊肉。思わずシェフに「焼けてませんよー」と言いかけるような焼き色ですが、この店の山田シェフの火入れに全幅の信頼を置いている僕。迷わず口に運ぶと、うっすらと中まで火が入っていてジューシー。クセもなく、見た目とは裏腹にとても食べやすく、シンプルにおいしい羊です。

・デザート:チョコレートのスフレ キャラメルアイス

デザートはあたたかいスフレを。濃厚なチョコレートがコースの最後を締めくくり、満足感をいっそう高めます。キャラメルアイスもとても滑らかで、舌の体温ですっと溶けていく爽やかさと、チョコレートにも負けない力強さを持っています。

・プティフール
プティフールは、くつろぎの心遣い
プティフールは、くつろぎの心遣い
レストランの締めには、やはり欲しいプティフール。このリーズナブルなお値段でもしっかり出してきます。チュイールを立体的に置き、ちょっとした驚きと歓喜を誘います。

次ページでは、レストランの成長についてをご紹介。