ドンペリ1,500円なり

木製の枠に固定されたガラスの店名プレート
新店舗はビルの3階。エントランスにあるガラスのプレートに店名と独特の紋章が彫られている
「いま、ドンペリ1杯1,500円ですよ」と、オーナーの鷲谷良亮(わしたに・よしあき)さんが微笑む。実売で1本1万円ほどはするプレミアムシャンパーニュが、かなり気軽に飲める店である。「この値段だとあまり儲かりませんが、輸入元さんに協力して頂いて開店サービスの目玉にしています。ここは近所の人が、気軽に来られるような店にしたかったんですよ」

大阪に四天王寺というお寺がある。その近所にWassy's(ワッシーズ)というワインショップがある。カリフォルニアやオーストラリア、ニュージーランドなどのニューワールドワインが充実している。じつはこの店、以前はコンビニエンスストア。ワインの揃えを充実させ、ワインショップを別に設け、さらにワインバーSouple(スープル)を併設して好評を博していた。昨年7月から自社ビルを建て直す間、ワッシーズとスープルは近所の仮店舗で営業していたが、この時初めてスープルで食事をした。

料理の盛り付け、味ともに充分洗練されている。ワインもよく選ばれ、さりげなくリストに無いアイテムなども出ていた。何よりオーナーの奥さん、鷲谷紀子さんが仕切るサービスは行き届き、雰囲気が明るい店内では客もそれぞれ、気取りなくワインを楽しんでいる。それでいて値段はワインバーというより居酒屋の水準である。すこぶる良い印象を持った。

ビルを新築して再オープン

2007年5月27日にオープンした新店舗を訪れた。コンビニだった1階は立派なワインショップとなり、スープルはエレベーターを上がった3階全体を使っている。まず驚くのは、冒頭のドンペリ……ではなく、天井が高くガラスを多用した開放的なしつらえである。といっても、モダン過ぎて落ち着かないわけでもない。深い茶色をベースにした、ウッディーな内装である。

こげ茶色の木製テーブルそして椅子が並ぶ店内
テラスに面したテーブル席は昼間そして夜も、開放的な空気が心地良い
どこかで見たことがあるような、と思っているうちにひらめいた。カリフォルニア辺りにこんな店がありそうだ。首都圏より「ワインといえばボルドーかブルゴーニュ」「ワインは気取って飲むもの」という傾向が強い関西で、ニューワールドのワインを中心に揃えるワッシーズならではの、ワインを構えずリラックスして飲んで欲しいという主張が感じられる。

店の奥はこんな様子だった!>>