「ひんやり」が大切

冷暗所に置かれているボトル
暗く低温の貯蔵庫が理想
ボトルを手に取った時にひんやり感じる、だいたい10~15℃前後の温度なら理想的。ボトルに手で触ってみて冷たく感じなかったら、ワインが変質して加熱したような風味が出るリスクは覚悟したい。

昼だけ(あるいは夜だけ)空調するような場合など温度の変化が大きいと、ワインが膨張と収縮を繰り返すことになる。するとボトルに空気が入り、ワインがダメになってしまう可能性がある。温度変化がないことも大切だ。

日光や照明が当たるのも禁物だ。熱と光そして揺れはエネルギーを伝えて、ワインの分子を振動させて熟成を急かす。車上や線路、モーターなどの振動がいつも伝わっているのも理想的ではない。あくまで静かな冷暗所がワイン保存の基本。