香港の茶荘、茶館は、最近元気がないという話を聞きました。
たまたま香港へ出かける機会があったので、いくつか覗いてきました。これから数回に分けて、レポートしてみることにします。

第一回は、銅鑼湾にある三思堂茶藝



銅鑼湾のそごうの裏手に回ると、ごちゃごちゃとした繁華街があります。ちょうど映画館の道を挟んだ斜め向かい、そごう側にある聡成商業中心のビルの11階にあります。

入り口がなかなか見つけにくいので注意。そして普通の雑居ビルのようなエレベーターで11階に上がります。エレベーターのドアが開くと、そのすぐ前が三思堂です。小さいお店ですが、我々にはとても入りやすいお店でした。

今までのイメージだと、三思堂は、「鉄観音」のおいしいお店というイメージが強かったので、茶葉が中心に並んでいるのだろうと思ったのですが、店内に入るとまず目につくのが、小ぶりの茶壺や茶杯。作家ものもあれば、手ごろな値段の茶壺まではさまざまな茶器が並んでいます。

これはあとでゆっくりと観察しなければと思いつつ、目を茶葉に転じると、茶葉は入り口左手の棚に箱入りのものが、置くの試飲スペースのならびに普シ耳茶がきれいに陳列されています。



オーナー三名の似顔絵が飾ってあります
主に店を取り仕切っているAndy Cheungさんによると、そもそも三思堂とは、デザイン関係の仕事をしていた三人のオーナーの思いをひとつにして開いたお店というような意味があるそうです。

Andyさんは日本語が上手。2年ほど日本に留学していたことがあったそうで、そのため日本語の勉強を懸命にされたそうです。そのためか、日本人のお客さんがとても多く、日本人向けの茶藝のクラスなども開校しているのだそうです。