中国茶を学ぶには、いろんな方法があります。最近茶荘、茶館、あるいはカルチャーセンターなどでいろんな講習会が開催されていますので、まずは入門コースなどに参加してみるという手がありますね。でも、もう少し、自分の知識を豊富にしたい。そう思う人って多いと思います。そんなときに手元に置いておきたいのが、入門用の書籍。独断と偏見でお勧めの入門書を4冊セレクトしてご紹介しましょう♪

『中国茶入門』

先ず最初にご紹介したいのは、「香り高き中国茶を愉しむ-中国茶入門」。著者は、香港の中華料理を撮らせたら、この人の右に出る人はいないというほどの達人カメラマン菊地和男氏。菊地さんは、「香港飲茶読本」という本でもおなじみですが、長年香港へ取材へ行くうちに、お茶の魅力に嵌ってしまったそうです。この本は、そんな菊地さんの愛情のこもったすばらしい出来映えの中国茶入門本で、中国茶の世界のすばらしさを、美しい写真と分かりやすい文章で解説してくれます。なにはともかく、書店で一度開いてみてください。題字は趣味人で有名な香港楽茶軒の葉さんの作です♪

「香り高き中国茶を愉しむ-中国茶入門」
 著 者:菊池和男
 出版社:講談社
 出版年:1998.7
 価 格:2400円
 ISBN4-06-209232-8


『香りを楽しむ中国茶の事典』

次にご紹介するのは、「香りを楽しむ中国茶の事典」。「お茶の辞典-日本茶・中国茶の世界」などの「事典シリーズ」を何冊も出している成美堂出版から出されている本で、お茶に関わる様々な人に取材して構成されています。お茶の愉しみ方をいろいろと考えてみたい人には必携の入門本と言えるでしょう。この本の特徴は、さまざまな画像がページのあちこちにちりばめられている点でしょう。どんな茶器をそろえたら良いか、どんな茶葉があるのかなど、菊地さんの画像なども活用され、総合的中国茶入門本に仕上がっています。♪

「香りを楽しむ中国茶の事典」
 著 者:成美堂出版編集部編集
 出版社:成美堂出版
 出版年:2000.6
 価 格:1200円
 ISBN4-415-00985-9