「ふじ」りんご発祥の地、青森県藤崎町で誕生した注目の新しいりんご「紅の夢(くれないのゆめ)」とその美しいジャムをご紹介します。

桃色の果肉が特徴的な新品種 「紅の夢」


これから新発売が予定される商品。価格などは未定。
横半分にカットしたりんごの断面は紅色が差した果肉で、これまでに見たことのないりんごが出来ました。弘前大学の塩崎雄之輔教授が紅玉にスターキングデリシャスを交配させてつくった新しい品種は「紅の夢(くれないのゆめ)」。紅玉、スターキングデリシャスともに原産はアメリカです。酸味が強く昔懐かしい甘酸っぱさをもった紅玉の特長を受け継いでいるため、紅の夢にも甘酸っぱさがあります。加工しても自然な薄紅の色合いが美しくでるという優れものです。


スコーンにつけて濃いミルクティーで一緒にいただいてみたい


ジャムなのにかわいいと言いたくなる色とナチュラルな甘み。
最近のりんごは甘酸っぱいというより甘くて蜜がたっぷりといったものが多いですが、甘酸っぱいりんごはお菓子などにも用いやすく、ジャムとなった「紅の夢」は無着色なのにピンクの美しい色。何よりこのジャムをスコーンにつけて食べてみたい。そんなわくわく感が芽生えてきます。

スコーンを焼き早速「紅の夢」とクリームをつけて試食してみると、果肉が完全に崩れることなく残り、りんごの皮もまるごと入っているので食感も楽しい。シャリッとしたりんごらしい食感に、全くしつこくないナチュラルな甘さ。これまでに見たことのないコーラルピンク色のりんごジャムがスコーンにもとてもよく合っています。

紅の夢の収穫期は10月中・下旬。発売に向けて準備が着々と進んでいるようです。関心のある方は藤崎町商工会までお問い合わせください。

■協力
藤崎町商工会
所在地:青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田1-5-1
TEL:0172-75-2370
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。