コーンウォールのクリームティー
クリームの味がより強調される。
ティールームでお茶しようと思ったとき、少し小腹を満たしたいのにアフタヌーンティーセットでは重過ぎて注文するのに困ること、ありますよね。

また、「アフタヌーンティーを楽しもう!」と思った日は、朝から食事の量や時間をコントロールして、夕方のアフタヌーンティーに備えたりする。そして、アフタヌーンティーの後は、お腹いっぱいで夕食を抜いてしまうことになったり。

ふと思い立って午後のお茶をしたいと思い、でもアフタヌーンティーセットではちょっと量が多すぎるというときには、「クリームティー」を注文してみてはいかがでしょう。

クリームティーって何?

「クリームティー」は、スコーン(クリームとジャムが付いてくる)&紅茶(コーヒーを選べるところもある)のセットのことです。イギリスではもはや一般的となっているメニューです。街を歩いていてもティールームやカフェの店先には、「Cream Tea」の案内がよく見かけられます。

知らなければ、紅茶に浮かべられたクリームなどと想像してしまいそうですよね。スコーンはプレーンタイプ2個のこともあれば、プレーン1個と全粒粉タイプ1個、プレーン1個と干しぶどういりのスルタナスコーン1個など、ティールームによって違っています。スコーンの生地も、サクサクしたのやら、ふんわりパンのようなものやらあります。ジャムはストロベリーが最もポピュラーで、ラズベリー、ブラックカレント、マーマレードが使われることもあるようです。

クリームティーに使われるクリーム

クロテッドクリーム
イギリスの規格では、クロテッドクリームには最低55%の乳脂肪分が必要とされる。
正統なのはクロテッドクリーム(clotted cream)を使うことのようですが、イギリスでも、必ずしもクロテッドクリームが出されるとはいえません。クロテッドクリームというのは、イングランド南西部で作られるぽってりしたクリームのことで、乳脂肪分も一般的なクリームとは異なるものなのです。クロテッドクリームの乳脂肪分はだいたい55-63%で、バター(乳脂肪分約83%)と生クリーム(乳脂肪分約45-47%)の中間です。