■INDEX■
大会スケジュール選手紹介皿盛デザートアントルメボンボンショコラガトー・ド・ヴォワイヤージュプティガトーチョコレートピエスモンテアメ細工ピエスモンテ最終結果発表
世界パティスリー会場(開会セレモニー)

ベルグ
世界パティスリー2009大会組織委員会総裁 森喜朗元内閣総理大臣
2009年3月14日(土曜日)・15日(日曜日)の両日をかけて、東京ドームシティJCBホールにて世界パティスリー2009/IPGPが開催されました。 この大会は、世界の食と文化の交流、更には世界のデザート&スイーツ界の発展に寄与することを目的とし、ヨーロッパ・アメリカに続き、アジア圏を代表するパティシエ国際大会として開催。

世界のトップパティシエ達の技術力や芸術面、そして決められた時間で作り上げていく集中力、チーム力が競われる、華やかながらも真剣勝負そのものの大会です。

開会セレモニーは選手・審査員入場後、世界パティスリー2009大会組織委員会総裁 森喜朗元内閣総理大臣の挨拶にて始まりました。

2009年は「エコロジー」というテーマのもと1日目6時間、2日目7時間の合計13時間という時間で、皿盛デザート、アントルメ、ボンボンショコラ、ガトー・ド・ヴォワイヤージュ、プティガトー、飴細工ピエスモンテ、チョコレートピエスモンテを時間通りに作り上げます。
大会当日のスケジュールは以下の通りです。

3月14日(土)
 8:00 全選手集合 セットアップ最終チェック
10:00 キッチン検視開始
11:15 検視終了
11:30 開会セレモニー(選手・審査員入場)
12:00 1日目競技開始
14:00 皿盛デザート 試食開始
16:00 アントルメ 試食開始
18:00 1日目競技終了(18:30までにキッチン清掃・退出)

3月15日(日)
 7:00 全選手集合 セットアップ最終チェック
 7:15 検視開始
 7:45 検視終了
 8:00 2日目競技開始(選手・審査員入場)
 9:00 ボンボンショコラ 試食開始
11:00 ガトー・ド・ヴォワイヤージュ 試食開始
13:00 プティガトー 試食開始
15:00 競技終了(15:30最終プレゼンテーション完成)
15:30 最終プレゼンテーション完成 芸術点審査開始
16:00 審査終了
17:00 表彰式

参加国はフランス、イタリア、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、中国、マレーシア、日本の8ヶ国。
世界大会で優秀な成績を収めた、パティシエを各国代表として指名。そのパティシエによって審査委員2名(味覚・作業)ならびに選手三名が選出され代表チームとしてエントリーされます。 (審査員紹介はこちら
陽が降り注ぐ明るい店内
8カ国の味覚審査員


次のページでは、出場選手をご紹介します。