白いんげん豆のトマトスープ

豆をひと袋使って、野菜と一緒にたっぷりのスープをつくったら、残りのスープにトマトの水煮を一缶加えて、コトコト煮ます。 煮崩れた豆や野菜のとろとろさ加減は、一日目とは違ったおいしさです。これは冷凍もできます。
トマトを入れた分、塩コショウで味を引き締めて、仕上げにパルミジャーノ・レッジャーノを削って入れたり、香りのいいオリーヴオイルをちょっとたらしても良いでしょう。水分がなくなってしまったら、パンにのせて召し上がってみてください。


スライスしたバゲットにチーズをのせて軽く焼いたものを添えても。

スープに合うパン

このスープは汁気が多ければパンを浸し、少なければパンにのせて食べるのもおいしいので、プレーンなハード系のものなら何でもあいそうです。

なるべくシンプルな配合の、甘くないパンを選んでください。入っていても邪魔しない味の目安はオリーヴオイルやハーブ、チーズ、ベーコンなどスープにいれてもいい素材です。

上の写真のようなバゲットのほかに、 わたしが一番好きな取り合わせは、サクッと軽い塩味のパンです。

とっておきのパンをご紹介します。


たとえば ブロートハイムのパンで、ツノのかたちのホーンヒェンやバラの花のかたちのイタリアのパン、ロゼッタ。これは中身が空洞になっています。(右の上の写真)

もうひとつおすすめはメゾンカイザーのチャバタ。これは約1.5cmの厚さにスライスして軽くあたためます。オリーヴの香り高いパンです。(右の下の写真)





【関連記事】

白いんげん豆と野菜のスープ

パンと合わせる料理
野菜がたくさん食べられるレシピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。