家で過ごす冬の週末は、ほっと温まるスープを作ってみませんか。
ご馳走疲れや風邪から来る不調をやさしく元気づけてくれる豆とかぼちゃを使いました。寒い日、家に入った途端に感じるスープの気配に、気分もほっとなごみます。

そしてこの提案はレシピだけでは終わりません。
次のページではこのスープに合わせて、世の中のたくさんのパンの中からとっておきをいくつか選びました。

作った料理に合わせてパンをコーディネートする、あるいはパンが先にあって、それを味わうために料理を考える。そんなふうにパンのあるおいしい食卓を楽しんでいただけたらと思います。




*材料 (2人分)*

レンズ豆75g
かぼちゃ200g
たまねぎ1/4個
ローリエ1枚
クミン、タイム少々
塩コショウ
E.Vオリーブオイル

*作り方*

1.
レンズ豆は洗って一時間くらい水に浸す。
レンズ豆はすぐ戻るので時間のない時は洗うだけで浸さなくて大丈夫。
新しい水で数分茹でてアクを取る。

2.
たまねぎをみじん切りにして、水を切ったレンズ豆と共に鍋に入れ、水3カップ、ハーブ類を入れ火にかける。
アクをすくいながら、たまねぎがとろけるくらいまで弱火でコトコト煮る。水は途中で足りなくなったら足す。

3.
かぼちゃを3センチくらいの角切りにして入れる。 かぼちゃが柔らかくなったら塩コショウ、E.Vオリーブオイルで味を調える。




かぼちゃを入れる前後にスープをミキサーにかけると食感が変わり、それもまた美味しいのでお試しを。

レンズ豆は300gくらいの袋入りで売っていることが多いので、たくさん作っておいて 翌日は好みのスパイスや野菜、カレールーなど足して豆カレーを楽しむこともできます。

上の写真ではレーズン酵母のリュスティックをあわせました。微かな酸味のある生地、カリっとしたクラスト。スープに浸しながら食べても美味しいと思います。


リュスティック/チクテベーカリー

次のページはスープに合うパンのお話です。


1/ 2 次へ>>