サンドウィッチでもハンバーガーでも照焼き味は常に人気があるように、アジアの甘辛い風味はパンにも結構合うものだと思います。

今回ご紹介するのは、豚肉と野菜の中国風甘辛味噌炒め。
最初はごはんのおかずに作って、もしかしてこれはパンに合うかも、と挟んでみたらとても相性が良かったのでした。

一口食べて一緒にテーブルについている誰かと目が合ったら、無言で頷いてしまうような、そんなサンドウィッチができあがります。

こういうものは家で作ってみると、ぐんと美味しくできるのでびっくりします。 甘すぎず油が強すぎず、肉も良い部分を使うことができるからでしょうか。 ボリュウムがあってもお腹にもたれません。
パンはプレーンなものならば何でもOK。 ポケットブレッドならたっぷり挟んでも、こぼさず食べることができます。

ハラペコなお昼ごはんやブランチに是非どうぞ。


粉吹き芋を添えて


*材料と下準備 ふたり分*

豚もも赤身厚切り肉(ソテーまたはとんかつ用) 150g
小麦粉(下ごしらえ用) 少々
赤ピーマン 2個 細切り
さやいんげん 5~6本 
小葱 2本 みじん切り
しょうが みじん切り 1かけ
豆板醤 小さじ1強
甜麺醤 大さじ1.5
サラダ油、ごま油 少々
酒 少々
こしょう(仕上げに挽いて加える)少々
パンに塗るためのマヨネーズ 少々


*作り方*

1.
さやいんげんはさっと茹でてから半分に切り、他の野菜も切っておく。 肉は拍子切りにして小麦粉をはたき、サラダ油を引いたフライパンでこんがり焼き、取り出しておく。

2.
ごま油を熱してしょうがのみじん切りと豆板醤を炒め、香りが出たら赤ピーマンを加え、 さっと炒めたら肉といんげんを加え、強火にして酒を振る。

3.
甜麺醤を入れてからめ、こしょうで味を引き締める。小葱をぱらりと振ってできあがり。

4.
そのまま食べても良いですが、マヨネーズを薄く塗ったパンに挟むのも美味しいです。 写真ではサラダ菜、粉ふき芋をあわせました。
粉ふき芋は、皮をむいたじゃがいもを茹でて、火が通ったら湯を捨て鍋を揺らして 水分を飛ばし、塩を振っただけのもの。




こんなポケットブレッドに挟んでも。

パンと愉しむアジアのテイストVol.2→


パンと愉しむアジアのテイストVol.2 塩豚のゴマ味噌サンドウィッチもどうぞ♪
【関連記事】 ピタサンドと中東のお惣菜
【関連サイト】 パンの料理とおいしい食べ方の数々

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。