こちらのお店は現在は閉店しております

まるなが外観

都内唯一の吉田うどんを掲げる店 うどん「まるなが」



肉天うどん

富士吉田市の名物吉田のうどんであるが都内にはなかなか定着しない。
『縁うどん』、『うどんずらに』、『ゆやま』などは今でも撤退が惜しまれるお店である。どの店も吉田と比較しても負けないくらいの吉田うどんを出していた。思うに『吉田のうどん』の特異性が一度食べたくらいではなかなか理解できないのだろうと結論付けるしかないのであろうか。
一般的にはうどんはつるつるしこしこ喉越しのよい食べ物というイメージが強いのだが吉田のうどんは一筋縄ではない。

肉天わかめうどん730円

固くゴワゴワした食感。茹でが足りないと思われるような粉っぽさ、具はキャベツと馬肉という組み合わせ。
冷たいうどんは輪をかけて顎が疲れるほどの噛み締めが要る。
全て慣れれば吉田独自の魅力なのだが・・・ここまで理解するだけリピートする客が少ないのが現状だろうか。

まるながは中原街道沿いのお店で半地下にある。目立つディスプレイで良く目立つ。
ご主人は元テニス選手で山梨で出会った吉田のうどんにはまって開業を決意したらしい。
吉田でも良く使われている小麦粉で自家製麺。厨房に製麺機を構える。
うどんは吉田らしいしっかりとした腰とボソボソとした粉っぽさを持っていて思わず嬉しくなる。
濃厚な汁が自慢のようで主人のオリジナルのようだ。濃い目の味噌、醤油味の合せか。ダシは節系と煮干しか。
肉は馬肉では無いようだが肉系の注文では汁には油の濃厚さも加わる。

つけうどん

この濃厚さはつけうどんでははっきりと魅力がわかるが、温かいメニューでは少し濃すぎるように思われるのだがどうだろう。
もう少しあっさりとダシの美味しさが味わえる程度にさらりと仕上がるともっともっと魅力的な吉田のうどんになると思うのだが。
もちろんこの汁にほれている常連さんも多いと思うが。ちなみにお願いすると薄味にも調整してくれるので二度目に行ったらお願いしてみよう。
濃い目が気に入ればそれはそれでラッキーということで。

つけうどん

無料の漬物や焦がし一味の辛みなど吉田の定番サービスもある。なかなか吉田まで行けない人はとりあえずまるながで吉田のうどんパワーを補給してみよう。

<現在は閉店しております >
太麺富士吉田うどん うどん「まるなが」
東京都品川区荏原1-22-4
営業時間
(平日):昼11:30~14:15 夜18:00~22:30
(土曜):昼11:30~15:00 夜18:00~24:00
(日祝):昼11:30~15:00 夜18:00~22:00
無休
戸越銀座駅より徒歩5分

主なメニュー
かけうどん  480円
天ぷらうどん 580円
肉うどん   630円
肉ねぎつけ  700円
肉天わかめうどん 730円
肉天わかねぎうどん 780円

うどん まるながのWEB 

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。