牡蠣うどんの作り方



牡蠣の出回る季節にお薦めしたいのがトッピングに牡蠣をつかった温かいうどんです。うどんはどんな素材とも相性はよい食べ物ですが牡蠣にひと手間かけて少し贅沢な気分にさせてくれる一杯を作ってみましょう。
またこのメニューは牡蠣だけ食べてもお酒のお供になる逸品になります。


牡蠣うどん調理例


材料2人分
牡蠣(カキ) 大粒8個
ナガネギ1本
小ネギ 適量 (薬味)
うどんかけ汁 3カップ600cc
うどん 2玉
片栗粉大さじ1.5杯
返し(醤油・味醂・砂糖)大さじ1
味醂大さじ1
ダイコン(牡蠣下処理用)

下処理
牡蠣はボウルに塩水を作り軽く洗います。またはダイコンおろしを作ってこの中で洗うと臭みが抜けます。
軽く水洗いをしてざるにあげて水気を切ります。
水気が切れたらキッチンペーハーで水を吸い取ります。

牡蠣を焼く
皿に片栗粉を広げて牡蠣にまぶします。
フライパンに軽く油をひいて片栗粉をまぶした牡蠣を並べて焼きます。
両面が焼けたら返しと味醂を同割りにしたもので味付けます。

フライパンを洗って油をひいてナガネギを3から4センチに小口切りにしたものを焼きます。
軽く火が通って表面が少しこげる程度で上げておきます。

うどんだしを温めて、茹でたうどんを盛り付けて牡蠣とナガネギを添えます。
薬味は青ネギを使いましたが、三つ葉や柚子も合います。


牡蠣うどん・温まりますよ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。