味噌煮込罠




味噌煮込罠


2007年1月22日開店のお店。名前は味噌煮込罠(ミソニコミン)ミソニコミワナではない。(笑)
開店からほぼ1年。東京の味噌煮込みうどん好きの間で徐々に名前が浸透してきた。
現在東京で本格的な名古屋式味噌煮込みうどんを食べさせる店は片手の指で数えられるほどである。
名古屋のソウルフード味噌煮込みうどんの新店は歓迎されているようだ。

味噌煮込みうどんの固さの不思議


かねがね色々な疑問が味噌煮込みうどんにはある。
一つは塩を使わない固いうどんを生から茹でる料理手法。
名古屋で何度も食べているが確かに固く煮えていないと感じるうどんは駅や駅周辺の有名店では特に顕著である。
そして非常に高価な料理でもある。親子煮込みを大盛りにしてご飯をつけると2000円を軽く超える場合もある。
確かに個性的で美味しいと思うが・・・ある意味もう少し料理として美味しく完成させることができるのではないかと常々思っている。
特にうどんの固さとうどんの旨みバランスが欲しい。名古屋の地元御用達のうどん店の味噌煮込みうどんのうどんは異常には固くないのだ。
また価格も1000円程度からと気楽に食べられる。

ベーシックな味噌煮込みうどん



そんな疑問を長いことかかえていたが、味噌煮込罠をたずねて味噌煮込みうどんを食べてびっくりした。
適正な茹かげんの味噌煮込みうどんが目の前に出てきた。
思わず笑みを浮かべてワクワクしながら食べている自分に気が付いた。これですよこれ・・・私の頭の中にあった理想の味噌煮込みうどん。
疑問というかその答えはある意味単純なのかもしれない。
店主の考えた味噌煮込みうどんに好みがぴったり合っただけかもしれない。

味噌煮込罠のうどん秘密


うどんは機械製麺。毎日その日の分をその日の早朝から仕込む。塩の入らない水とうどん用小麦粉。
生麺の状態で5ミリ程度の太さであろうか。この麺を一度テボに入れて下茹でしている。打ち粉を落とすのがその目的らしい。
打ち粉は煮込みうどんではとろみの元になるので汁がどっしりとする。反面まとわりつくようなくどさを出すこともある。
打ち粉を落としてうどんそのものの味を煮込んで出すという手法は煮込みうどんとしては斬新だ。そしてすっきりした後味のよさにもつながる。汁とのバランスもここで得られると思う。なお麺の固め、柔らかめのリクエストは可能である。お好みで。

味噌煮込みうどんの汁


岡崎市名産の八丁味噌を使うのは有名だがどこの店でもそれだけを使うことはあまり無いだろう。豆味噌で長期熟成される八丁味噌は独特の渋味と旨みが身の上だが単品でうどんに使うのには少し強すぎるような気がする。こうじ味噌や白味噌ブレンドされることが多そうだ。
味噌煮込みうどんの名店の汁はどれもかなり複雑な旨みを醸し出している。味噌も生命線であるが合わされる出汁もいろいろだ。
味噌煮込罠の出汁は昆布・干ししいたけ・混合節・味醂などで調整されている。具で入る鶏からも出汁は出る。完成された汁はバランスが良い。
熟成されたマイルドな旨みの積み重ねが感じられる。汁まで飲み干したい。十分に飲める汁である。

小鉢からご飯へ



ランチでは美味しいご飯がついてくる。食べ方は色々。そのまま食べるのもよし。うどんを乗せて食べるのも良し。鍋に投入するもよし。
ちなみに蓋は出て来ないので小鉢がお茶碗で食べること。

ご飯も美味しい味噌煮込みうどん



オリジナルメニュー


味噌煮込みうどんはかしわ(鶏肉)と玉子。蒲鉾とナガネギと油揚げが入る。いわゆる定番の親子味噌煮込みうどんタイプである。
ランチタイムにはご飯と香の物がついて800円とリーズナブル。私が驚いたうどんと味噌スープのバランスが素晴らしい。
複雑な味に絡むうどんの食感はあくまでも名古屋式を思わせるがとても優しい。料理として完成されている。

キムチ味噌煮込みうどんはキムチが入り、辛味噌仕立になる。900円

ピリ辛仕立の味噌とキムチの酸味が融合する



程よい辛さの効いたキムチ鍋を八丁味噌仕立にしたようなスープにうどんが寄り添う。何となくほのぼのとした懐かしさを覚えるような滋味を感じる。
程なく体の中から何かが燃えるような暖かさというか情熱がほとばしってくるかも。
ご飯を半分ほど食べて鍋に投入。半分をキムチ鍋雑炊うどんで食べる。汁まで完食。これはあえて夏に食べると美味しそうだ。当然冬も美味しいとは思いますが・・・(笑)

イタリアン味噌煮込みうどんが面白い。1000円

トマトソースと味噌のコラボ



洋食屋さん直伝のトマトソースと味噌のコラボレーション。そしてチーズがかけられて見た目は土鍋に入ったパスタ。
これがいい具合に溶け合っていて嬉しい。少し味噌が後ろに回ってトマトソースの味が前面に来る。鶏と玉子も入っている。玉子の上にチーズがかけられているので汁が少なければ焼けばグラタン風になるかも。これは完全にイタリアンパスタと味噌煮込みうどんの混血である。
なかなかの人気メニューになっているそうだ。

夜は日本酒を中心にしたお洒落なスポット。
その日お薦めの酒肴などで軽く一杯。どて煮500円がとても美味しかった。
締めにはもちろん味噌煮込みうどん。
名古屋食文化いよいよ東京でもブレイクしそうな気がする。まずは味噌煮込みうどんからか・・・
東京でも十分受け入れられる完成度の高さをもった味噌煮込みうどんであることを保証します。

店主の岡田さんからのメッセージ
皆さん食べに来てください!!

味噌煮込罠のサイト

味噌煮込罠DATA
〒113-0033 
東京都文京区本郷3-31-15
Tel/Fax : 03-3812-2286
営業時間 昼 月~土 11:30~14:00
     夜 月~金 17:30~22:00
定休日  日祝日
最寄り駅 
丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩3分 
大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩1分
駐車場 近くにコインパーク有り
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。